エンタメ

英軍特殊部隊SASが初めてその姿を現した「駐英イラン大使館占拠事件」のドキュメンタリー映画「6 DAYS」予告編


反ホメイニ派イラン人テロリストがイランで勾留中の同志の解放を求めて、ロンドンのイラン大使館を6日間占拠した事件は、黒いフードにガスマスクを着けサブマシンガンを持った屈強な兵士が突入し、2名の犠牲者を出して集結しました。彼らこそ当時秘密のベールに包まれていたイギリス軍特殊部隊SAS。その対テロ部門であるCRWが初めて世に姿を見せた「ニムロッド作戦」のドキュメンタリー「6DAYS」の予告編です。

同事件についてドキュメンタリー番組などは存在していますが、映画化についてはひょっとしたら82年の「ファイナル・オプション」以来になるかもしれません。動画はこちらから。イギリス公開は2017年8月4日の予定です。
6 Days – Official Trailer (2017) – YouTube

主演は突入部隊のリーダーに「ファンタスティック・フォー」のジェイミー・ベル、ネゴシエイター役にマーク・ストロング。監督はトア・フレイザー、脚本はグレン・スタンドリング

そして主役のSAS達は、現在のあらゆる特殊部隊のモデルとなったエリート部隊。その実力は例えチンピラ相手でも容赦なく発揮されます。
英軍特殊部隊員で満載のバンをうっかり狙ってしまった車上荒らしがひどい目にあう – DNA

関連記事

英軍特殊部隊員で満載のバンをうっかり狙ってしまった車上荒らしがひどい目にあう - DNA

追悼、元英国首相マーガレット・サッチャーの「鉄の女」っぷりが分かる写真17枚 - DNA

一見普通なのに、ただならぬ雰囲気が漂うイギリスの田舎の村の画像 - DNA

人類の歴史に名を残すウルトラ勇猛果敢な最強戦闘集団25選 - DNA

[字幕動画]今日から覚える軍や警察の突入部隊員向け「ハンドサイン」の教習動画(Part1/2) - DNA

[字幕動画]今日から覚える軍や警察の突入部隊員向け「ハンドサイン」の教習動画(Part2/2) - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧