世界のびっくりニュース

世界で初めて世界196カ国全ての国を旅した女性が選ぶオススメの国10選


現在日本が承認している国の数は196カ国。その全てを世界で初めて旅した女性 Cassandra DePecol 氏が厳選したぜひ行って欲しい国のトップ10のリストです。育った文化や環境、旅の目的でも大きくランキングが違ってくるとは思いますがどの国も特別な魅力があります。

世界の全ての国「196カ国」を旅した世界初めての女性 アメリカ・コネチカット州出身の Cassie DePecol 氏。大学時代の2010年に「世界を見たい」と思いつき、2000ドル(約22万円)をバイトで貯めて出国し、安宿に泊りバイトをしながら2年間ヨーロッパやトルコ(25カ国)を旅しました。

その後、9時〜17時の仕事に就き普通の生活をしていたものの直ぐに辞めて、2014年に「Expedition 196」プロジェクトを開始します。スポンサーから資金集め計画開始から約1年後の2015年7月に旅立ち、約18ヶ月後の2017年2月に無事帰国し「Expedition 196」を完了しています。

10. アメリカ(北米)
ニューイングランドの紅葉

9. コスタリカ(中米)
豊富な種類の猿たち、新鮮なフルーツ、音楽、火山……等々

8. ペルー(南米)
アマゾンの熱帯雨林、そしてマチュピチュ

7. チュニジア(北アフリカ)
中東を感じるアフリカ文化

参照:120年近く昔の北アフリカ・チュニジアにあった日常風景が鮮やかに蘇るカラー写真

6. オマーン(中東)
アラビア半島東端に位置するオマーンの砂漠や山から生まれたライフスタイル

5. パキスタン(南アジア)
ビザ取得に4ヶ月……しかしパキスタンの食文化はその価値あり

パキスタン名物のものすごい配色で半端無くエキゾチックなデコトラも忘れてはいけません。

4. バヌアツ(オセアニア)
18ヶ月の旅を通して最も人が良かった国がバヌアツ

3. モルディブ(南アジア:インド洋)
クリスタルクリアの海と真っ白なビーチ、以上。

2. ブータン(南アジア)
世界で最も平和な環境と生活がある国の一つ

参照:ネパール、チベット、ブータンに囲まれたヒマラヤ山脈にかつて存在していた「シッキム王国」の景色や人々の写真

1. モンゴル(東アジア)
自然と一体化することが出来るところ。さらに馬にも乗れる。

トップ3はいずれも日本からだと近いようで遠い感じもするアジアの国々。世界遺産等の遺跡やグルメを中心に旅する人だとまた大きく違った結果になりそうですね。

また、ランクインしていない地域で気になるのは観光地の多いヨーロッパとハードな旅を強いられるアフリカ(地中海沿岸以外)でしょうか。どちらも大変興味深いところが数多く存在しているのですが、オススメするのは難しい……?

ちなみに世界シェアNo1の旅行ガイド本「ロンリープラネット」が厳選した最も旅行したい国のランキングはこちら。どうやらブータンはガチでいいところのようです。
世界シェアNo1の旅行ガイド本「ロンリープラネット」が厳選した最も旅行したい国のランキング

ソース:The 10 countries you must visit, by the first woman to see them all – Travel

関連記事

秘境に住む唯一無二の伝統文化に生きる少数民族の姿を記憶する写真シリーズ「Before They Pass Away」 - DNA

1万人以上の旅行者に聞いた「旅行中のロマンス」に関する赤裸々なアンケート結果 - DNA

長期旅行や出張時に持っていくべき「パンツの数」の最適解がサクッとわかる早見表 - DNA

中国政府謹製の中国人向け海外旅行マニュアル「文明旅遊出行指南」の凄すぎる内容 - DNA

旅行者と地元の人の行動パターンの違いが一目でわかる世界の大都市地図 - DNA

古今東西!世界中の屋台で売られているローカルフード特集 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧