世界のびっくりニュース

カメラのフレームレートとヘリコプターのローターがシンクロした時に起こる奇跡


ありえない動きで空へ飛び立っていくヘリコプターが撮影された映像がこちら。肉眼では絶対に見ることが出来ない不思議な現象が起こっています。

動画はこちらから。
camera shutter speed matches helicopter`s rotor – YouTube

ヘリコプターのローターが止まっているように見えてるのは「ストロボ効果(ワゴンホイール効果)」と呼ばれるカメラを使用した時に発生する視覚現象。

仕組みはこんな感じ。カメラと対象物の周波数が近くなると止まって見えたり逆回転に見えたりすることがあります。左側:通常の時計回り、中央:静止状態に見える、右側:逆回転に見える
ファイル:Strobe 2.gif – Wikipedia

また肉眼で見ることありえないのですが、実際に見たことがあるような気がするのが車のタイヤのストロボ効果(ワゴンホイール効果)。元気よくタイヤが逆回転しますね。
Wagon-wheel effect – YouTube

ちなみに飛行中の航空機の中からフレームレート(シャッタースピード)を変えてプロペラを撮影したのがこちらの映像です。見えないはずのプロペラが……
Rolling shutter artifacts – Shutter speed test – YouTube

関連記事

猛吹雪の高速道路で突如着陸してきた軍用ヘリに道を聞かれた - DNA

カメラの絞り値(F値)・シャッタースピード・ISO感度の関係がひと目で分かるチートシート - DNA

カメラレンズの絞り構造にインスパイアされたサイズ調整可能なレンチ「Aperture Wrench」 - DNA

スティーブ・マッカリーの作品から学ぶ、絶対に覚えておきたい「写真の基本構図」9パターン+α - DNA

一流のプロ・ファッション・フォトグラファーがおもちゃのカメラで撮影した写真が凄い - DNA

カメラのシャッターの動きとはたらきを完全に理解できるスーパースローモーション動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧