世界のびっくりニュース

水を利用して動物の鳴き声を完全再現する古代インカ帝国の楽器


古代インカ帝国で使用されていたとされる動物の鳴き声をそのまま再現することが出来る不思議な楽器を実際に演奏している映像がこちら。古代南米の地に存在していたリアルな「自然の音」を感じる事ができます。

傾けるだけで超リアルな動物の鳴き声が聞こえてくる動物の姿を模った南米・インカ帝国の陶器製楽器「huascos」。内部には水が満たされており、傾けることで空気が押し出され音が鳴る仕組みとなっています。

動画はこちらから。
Peruvian Inca wind instruments – YouTube

演奏しているのは有史以前のペルーで使われていた楽器のエキスパート Jose Vitancio Umeres 氏。使用されている楽器はレプリカですが非常に高い精度で動物の鳴き声の再現されています。後半は鳥の鳴き声を再現した笛やオカリナの実演も行っています。

1. 犬の鳴き声を再現

2. こちらは鳥の鳴き声

3. そして猿の鳴き声。複数の楽器を同時に演奏するとさらにリアル感倍増ですね。

4. 穴をふさぐことで全く違った音を出すことが出来ます

別の種類の楽器が演奏されている映像です。水を入れるときに使用しているインカコーラのペットボトルが渋い……
2014 04 17 Peruvian Water Jar Whistles – YouTube

またこちらは15世紀〜16世紀のメキシコ中央部に栄えたアステカ帝国の死の笛「デス・ホイッスル(Death Whistle)」。音色は正しく悪魔の断末魔です。
悪魔の断末魔のような音色を奏でるアステカ帝国の死の笛「デス・ホイッスル」

関連記事

のどで歌うモンゴルの特殊な歌唱法「ホーミー」による圧倒的な独唱 - DNA

最高に刺激的な一夜を楽しめる ペルーの「聖なる谷」に吊るされた360度ガラス張りのロッジ「Natura Vive Skylodge」 - DNA

素材はコカの葉、噛んで高山病を和らげる南米ペルーのホステルの名刺 - DNA

南米ペルーのちょっと気になる日常の写真いろいろ - DNA

遥か上空、富士山頂よりも高いところに存在している都市7選 - DNA

南米いいとこ取り、ペルーとボリビア旅行の360度ストップモーション動画「A stop-motion journey」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧