世界のびっくりニュース

「18年前に売った自分のファミコンカセットと中古ショップで再会した」という画像が話題に


昔は大好きだったけど、遊ばなくなって手放してしまったゲームソフトと、なんと18年もしてから中古ゲームのショップで再会した……という画像が話題となっています。

持ち主のBlackFire2xさんは昔からのゲームコレクター。このゲームは以前、もういらないからと母親の友達の家族にあげてしまったものだそうです。しかしある日、自宅から1時間半ほどのところにあるショップを訪れた際、偶然これを発見したのだとか。

USA版の最初期のカセットである「スーパーマリオブラザーズ」と「ダックハント」の2本入りカセットですね。
Went to a retro game shop. Found my exact copy of Mario Bros/Duck Hunt from when I was a kid nearly 18 years ago – Imgur

「この場所に自分で名前を書いたことをはっきり覚えている」とのこと。9ドル95セント(1155円)とそれほどの値段でもなく、すぐさま買い戻したということです。

こちらはゲームボーイのカメラの中に残されていた11年前の自分と出会った人のお話。ゲームカセットそのものだけではなく、そこにセーブされていたデータもまた過去の自分との再会です。
あの頃に戻れたら……11年前の自分と意外なところで再会した男 – DNA

ソース:Went to a retro game shop. Found my exact copy of Mario Bros/Duck Hunt from when I was a kid nearly 18 years ago – Imgur

トップ画像:Nostalgia | Nostalgia…colorful when u look back | Nurus Salam | Flickr

関連記事

2年ぶりの家族との再会に大喜びしすぎて失神してしまう犬の動画 - DNA

[字幕動画]若い頃に手放したバイクとネットオークションで感動の再会を果たしたとある男性のお話 - DNA

あの頃に戻れたら……11年前の自分と意外なところで再会した男 - DNA

レゴブロック・コレクションは債券や金地金よりも割のいい投資である - DNA

「もう一度、飼っていた犬に会いたい」ホームレス男性、最期の夢を叶える - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧