世界のびっくりニュース

スマートフォンのSSIDを「Galaxy Note 7」にしていた人のせいで飛行機が大幅遅延する騒ぎに


ホットスポットを設定する時に必要なSSIDは、自分で好きなものにできるので短いメッセージを周囲に発信したい時に使ったりする人もいますが、飛行中の機内で爆弾スマホことSamsungのGalaxy Note 7の名前に設定していた人いたため大騒ぎとなり、大幅遅延した事件がアメリカであったそうです。

SamsungのGalaxy Note 7はバッテリーの過熱・炎上・爆発事故が相次いだことから現在連邦航空局FAA他、航空会社各社から名指しで「持ち込み禁止」に指定されており、つい先日、メーカーから「動作しなくなるアップデート」が公開されたばかり、といういわくつきのデバイス。

ところがサンフランシスコとボストンを結ぶヴァージンアメリカ358便の飛行中、こんなSSIDを使用している人が発見され「持ち込んでいる人は名乗り出てください」という機内放送があったそうです。

こちらはその機に乗り合わせていた人のツイート。

デフォルトのSSID名は多くの場合、デバイスの名前を使うようになっています。つまり「Samsung Galaxy Note 7_1097」というSSIDを使っている人はGalaxy Note 7を使っている可能性が高いということ。

機内放送は「ジョークではありません。誰も名乗り出なければ午後11時ですが照明を全部点灯して持ち物検査をします」かなり緊迫したものだったよう。他にも下のように「みなさんが午前3時に緊急着陸をしたことがあるかどうかは知りませんがこれだけは言っておきましょう。ひどいもんです。ターミナルのお店は全部閉店していて何もできないんです」など、脅すようなものもあったとのこと。

結局持ち主が名乗り出て、Galaxy Note 7は持っていないこと、SSIDを変えていたと白状したことで一件落着。しかし到着が遅れたのはもちろん、その次の便がキャンセルになるなど、大変な騒ぎになってしまったとのことです。

以前、こんなブラックジョーク的コンテンツが公開されて話題となりましたが、現実に「俺はGalaxy Note 7を持っているぞ!」と言うだけで色々なものに影響が出るようになってしまいました……恐ろしい時代です。
爆発事故が相次ぐサムスン・Galaxyを爆弾として使用できるグランド・セフト・オート5のMODが登場 – DNA

ソース:Virgin flight delayed by Galaxy Note wi-fi hoax – BBC News

関連記事

爆発事故が相次ぐサムスン・Galaxyを爆弾として使用できるグランド・セフト・オート5のMODが登場 - DNA

「すでに曲がったiPhone 6 Plusのための保護ケース」を3Dプリンタで作れるデータが公開 - DNA

折りたたむとスマホそっくりになる2連発ハンドガン「Ideal Conceal」が開発中 - DNA

アニメ「シンプソンズ」でJudas Priestを「デスメタル」と呼んでしまい炎上 - DNA

自爆テロ犯、トリガーの携帯電話がスパムメールで誤動作して爆死 - DNA

旅客機の中で酔っ払って暴れるとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧