世界のびっくりニュース

マイナス35度のロシア、あまりの寒さに足が地面に凍りついてしまった猫の救出劇


世界一寒い村「オイミャコン」に代表されるように想像を絶する厳しい冬が訪れるロシア。マイナス35度の世界ともなると気がつくと体が徐々に凍りつてしまっていることもあるようです。

※ この映像の猫は無事に救出され、その日の夜には歩けるまでに回復しています。

救出の一部始終を撮影した動画はこちらから。
Спасли котенка. – YouTube

この猫、あまりの寒さに温かい車の下に避難したようですがこの時の気温は-35℃。知らず知らずの内に足が地面に凍りついてしまった模様。

完全に地面に凍りついてしまっているのため、足にお湯をかけてゆっくりと地面から離していく作業を繰り返し行っています。

そして、何とか無事に救出成功です。

この後、ネコを救出したカップルが動物病院へ連れて無事を確認し、家に連れて帰ると夜には歩けるようになったとのこと。ちなみに動物病院では生後7〜8ヶ月と診断されています。さすがの回復力ですね。そして、現在はこのカップルに引き取られて共に暮らしてるそうです。

もし発見が少しでも遅れてしまったらと考えると……南極で最も危険な気象状況の時ほどではないとしても冬のロシアはかなり恐ろしい所のようです。

ちなみにこちらの写真は瞬間冷凍されてしまったかのような状態で凍りついてしまった動物たちの写真です。ショッキングな写真もありますので閲覧の際には注意してください。
[閲覧注意]あまりの寒さに生きていた時そのままの状態で凍りついてしまった野生動物の写真いろいろ

関連記事

狭くて窮屈でギッチギチな最高の場所で気持ちよくなっているネコたちの写真25枚 - DNA

氷河期到来を疑ってしまうほどに激しく凍りついたスロベニアの極寒の雪景色 - DNA

お風呂が大嫌いなネコたちが無残にもびしょぬれになった写真いろいろ - DNA

透明な氷の張った池に泳ぐ魚たちを必死に追い回す猫の動画 - DNA

あまりにも寒いと車のホイールはこうなってしまうらしい - DNA

交差点の真ん中で震える子猫 勇敢な女性バイカーが対向車を制し救出 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧