世界のびっくりニュース

ジェットパックと仏空軍アクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス」が華麗なフォーメーション飛行に成功


フランス空軍アクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス」とジェットエンジン搭載の翼「ジェットパック」を背負った3人のジェットマンたちが大空で華麗なフォーメーションをキメている映像です。映画のGC映像では無く本当に戦闘機と一緒に大空を飛んじゃっています。

Alpha Jetman – Human Flight And Beyond 4K – YouTube

世界初のジェット戦闘機とのアクロバット飛行を成功させたのは Yves Rossy 氏(イブ・ロッシー。元スイス空軍戦闘機パイロットでジェトパックの発明者)とベースジャンパーの Vincent Reffet 氏、Fred Fugen 氏の三人。

1.

2.

このプロジェクトはジェットマン・プロジェクトが「パトルイユ・ド・フランス」のディレクターにコンタクトして実現したもの。フライトは2日間行われ、初日は2機のアルファジェットと2回の飛行を行い、二日目は8機が揃った「パトルイユ・ド・フランス」と2回の飛行を行っています。ちなみにMAXスピードは150ノット(約277km/h)だったこと。

3.

4.

大空でほぼ生身の人間と戦闘機のコラボ……凄い時代がやってきたようです。

ちなみに「パトルイユ・ド・フランス」はエールフランスともコラボしています。巨大なボーイング747が戦闘機を引き連れている姿は圧巻です。
AIR FRANCE MISSION ATHOS 747 VERSION COURTE – YouTube

またこちらは米海軍アクロバット飛行隊「ブルーエンジェルス(Blue Angels)」がビーチの真上を低空飛行で飛び去ったときのもの。何もかもが舞い上がっちゃっています。
観光客で賑わうビーチの真上をジェット戦闘機が低空飛行で飛び去るとこうなる

ソース:World first! Flying jetman with French military jets

関連記事

米アリゾナ州立大学の研究者、ジェットエンジンを背負うと速く走れることを発見 - DNA

背負うと飛べる夢のジェットパックとうとう発売へ、お値段約770万円から - DNA

音速突破の瞬間、衝撃波が美しく雲を引く戦闘機の写真40枚 - DNA

7歳の少年、あわや垂直離着陸戦闘機ハリアーを購入しかける - DNA

観光客で賑わうビーチの真上をジェット戦闘機が低空飛行で飛び去るとこうなる - DNA

戦闘機がすぐそばを走り抜けていく空母のオペレーターの一人称視点動画 - DNA

地面ギリギリをグルグル旋回する、米海軍戦闘機「F/A-18F スーパーホーネット」の超低空飛行訓練映像 - DNA

建物のそばでジェット戦闘機が音速で飛ぶとこうなるという動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧