科学と技術

自撮りが新たな次元へ、超小型ドローン搭載のスマホケース「AirSelfie」が登場


AirSelfie」は、自撮りする際の自由度大幅に上がるカメラの付いたドローンが付いているスマホケース。スマホサイズなのでポケットに入れて持ち運ぶことも可能です。

動画はこちらから。
The AirSelfie – YouTube

1. アルミ製ボディのサイズは9.44×6.73cmで、重さは52gtと手のひらに収まる程度。ドローンとしてはかなり小さめですが500万画素のカメラと4GBのSDカードが搭載されています。

2. ポケットに入れて持ち運ぶことも可能

3. ケースにはバッテリが搭載されており約20回のチャージが可能です

4. アプリ(iOS、Android)はこんな感じ。左からホーム画面、飛行モード選択画面、操縦画面となっています。

また、飛行モードは以下の3種類から選択します。

自撮りモード:遠く・近くで操作する一番簡単なモード
自撮りモーションコントロールモード:アプリのバーチャルススティックでリアルライムで操作するモード
フライングモード:通常のドローンとして操作可能なモード

5. 「AirSelfie」で撮影された画像や映像はWifiを使ってデータを共有アプリで見ることが出来ます。

実際に「AirSelfie」で撮影された写真がこちら。ちなみに20mの高さまで飛行可能です。

6. BBQ編

7. ビーチ編

8. 秘境編

9. 女子会編

現在「AirSelfie」は、Kickstarterで出資者を募集中。価格は179ユーロ(約2万1000円)〜で、2016年12月に製造開始し発送は2017年2月頃になる予定です。

ちなみに自撮りと言うものは意外と奥が深いようで……こんな自撮り猛者たちもいるようです。
ネットユーザーを騒がせた世界レベルの「自分撮り写真」いろいろ

ソース:AirSelfie by AirSelfie Holdings Ltd London — Kickstarter

関連記事

撮影禁止になる前に……世界の美しいランドマークをドローンで空撮した写真シリーズ「Air」 - DNA

再度の巨大地震で街全体が崩壊してしまったイタリア・アマトリーチェの市街地を空撮したドローン映像 - DNA

陸も空も自由自在に動き回れるキャタピラ搭載ドローン「B-Unstoppable」 - DNA

スイス・アルプスの深いクレバスの中をドローンで飛びながら撮影した動画 - DNA

ふと車の後部座席を見てみると狂喜乱舞で自撮りしている年頃の娘がいた - DNA

「自分撮りをしてはいけない瞬間」のお手本のような画像が話題に - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧