世界のびっくりニュース

第二次世界大戦後大量に余ったドイツ軍ヘルメット「シュタールヘルム」はどうなったのか


第二次世界大戦時のドイツ軍の兵士をデフォルメする時には必ず描かれるあの独特なデザインの鉄製のヘルメット「シュタールヘルム」。戦争が終了し大量に余ったこのヘルメットは一体どうなったのでしょうか。なかなか素敵なモノに変身しています。

動画はこちらから。
Что стало с немецкими касками после войны – YouTube

1. 大量に積み上がったシュタールヘルム

2. 確かにあの有名な形をしています

3. まずはプレスして、

4. つばの部分を取ると……

5. こんな形に早変わり

6. その後、さらに加工や塗装が行われ調理器具へと大変身しています。

確かにこれが一番いい鉄製ヘルメットの使い方ではないでしょうか。

またこちらの写真は、ヒトラーと行動を共にしていた専属カメラマンがナチス時代のドイツを記録したもの。シュタールヘルムもチラッと登場しています。
ヒトラー専属カメラマンがプロパガンダ用に撮影したナチス・ドイツの貴重なカラー写真130枚

関連記事

むき出しの機械がひしめき合う第一次世界大戦時のドイツ海軍潜水艦「Uボート」の内部写真シリーズ - DNA

発見ほぼ不可能、ドイツ軍スナイパーによるカモフラージュ写真シリーズ「Camouflage Extended」 - DNA

[閲覧注意]ロシアの特殊部隊用防弾ヘルメットの性能テスト動画がざっくりしすぎていて怖い - DNA

旧ソ連軍やドイツ軍の機雷を再利用した無骨な家具シリーズ「MINE FURNITURE」 - DNA

ドイツ語が他の言葉よりも圧倒的な迫力があることが分かる動画 - DNA

ティーガー戦車を女の子に見立てて「付き合い方」を学ぶドイツの「萌え」教本「Tigerfibel」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧