世界のびっくりニュース

家のまわりを這いずり回る世界最大級のナメクジ「バナナスラッグ」のインパクトが凄い


家のまわりをゆっくりと這いずる回る巨大なナメクジ「バナナスラッグ(バナナナメクジ)」を20倍速と40倍速にしたのがこちらの映像。かなり強烈なビジュアルですよこれは。

※ナメクジが苦手な人は注意してください。

動画はこちらから。
High Speed Slug: Timelapse – YouTube

バナナスラッグ(バナナナメクジ)は、北米に生息する真っ黄色や黒い斑点のある3種類のナメクジの総称。世界最大級の大きさを誇り最大で25cm、重さは115g程度まで成長し寿命は1〜7年とされています。

また20世紀初め頃までは食料にもされており、お祭りなどではバナナスラッグを使ったナメクジレースやナメクジ料理のレシピ大会なども行われていました。ちなみに米・カリフォルニア大学サンタクルーズ校のマスコットはこのバナナスラッグです。

普通の速度のバナナスラッグはこんな感じです。それでもかなりのインパクトですが。
Cool Colored Banana Slug: Yes It’s Real – YouTube

これらの映像はカナダ・バンクーバー島のトフィーノで Karl Johanson 氏が撮影した作品です。

こちらの映像は一列に並んで行進する習性の毛虫を撮影したもの。不思議な生物ってまだまだたくさんいるんですね。
一糸乱れず一列に並んでどこまでも進む不思議な毛虫「マツノギョウレツケムシ」のタイムラプス映像

関連記事

[閲覧注意]「バラ色のメイプル」の名を持つ、ピンクと黄色の羽毛で全身彩られたド派手な蛾「Rosy Maple Moth」 - DNA

スズメバチにしか見えない完璧な擬態を手に入れた蛾「Hornet Moth」 - DNA

信じられぬ奇跡の変態、19種のイモムシのビフォーアフター写真 - DNA

どう見てもヘビ、絶対に食べられたくない一心で究極に進化したイモムシの写真 - DNA

CGじゃない!全身が透明な「宝石イモムシ」の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧