科学と技術

圧倒的存在感 トリジコン社の重機関銃用超大型ドットサイト「MGRS」


使用する銃が大きくなれば、それにしたがって照準器も大きくなる……というのが一般的なのですが、それでもドットサイトがここまで大きいとかなりの違和感。トリジコン社の重機関銃用ドットサイト「MGRS」は異色の存在感を放っています。

トリジコン社のMGRS(Machine Gun Reflex Sight……機関銃用投影式照準器)は、ハーフミラーとなったレンズにLEDの光点を投射し、それを標的に合わせて照準するというもの。車両や船舶、ヘリなど揺れ動く場所からでも素早く、正確に照準を合わせることができます。

機関銃といえば「バラまく」というか、弾幕をはって面を制圧するイメージですが、それでも敵の姿が見えなければ話になりません。こちらの画像は朝鮮戦争中のものですが、M2重機関銃の上に光学照準器を載せて使っています。倍率を上げて見えやすくするとともに、正確に火力を集中するというやり方は昔から行われてきました。

こちらのDI Optical社のDCL-120や、レイセオン社なども重機関銃用の光学照準器を開発しています。大火力を有効に活用するには必須の装備となりますね。
DI Optical USA

また、トリジコン社は動く目標の追尾などをコンピューターに支援させる照準器をすでに開発してます。投影式サイトはこうした多数の情報を表示させるのにも便利ですが、近いうちに機能が統合されていくかもしれません。
コンピューターで狙撃を支援する「自動照準ライフル」市場にトリジコン社も参入 – DNA

ソース:Trijicon® Inc., Launches the New MGRS™ Machine Gun Reflex Sight — A Brilliant Aiming Solution™ For Machine Gunners – Trijicon, Inc.

関連記事

壁に隠れたまま光学照準器で狙いをつけられるデバイス「Hidesight」 - DNA

Arduinoでライフル用反射式照準器の表示をカスタムした動画 - DNA

アメリカ海兵隊、60mm迫撃砲の新型光学照準器をテスト中 - DNA

夜中でもロケットをぶち込めるM72ロケットランチャー用レーザーサイトが軍に正式採用 - DNA

ターゲットに焦点を合わせるとうまくぼやける拳銃用照準器「Z-Flex Sight」 - DNA

超精密なのにタフなリューポルド社のスコープを削岩機でいじめぬいている動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧