アートとデザイン

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に登場したマッドな改造車の動くピクセルアート


文明社会が崩壊した後の世界を描いくマッドマックス・シリーズの第3弾「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に登場したマッドさマックスに改造された車両のピクセルアートシリーズです。ファミコン風の8bitな雰囲気がとても素敵な作品です。

1. The Interceptor(インターセプター)
主人公・マックスの愛車。1973年オーストラリア製のフォード・ファルコンXB・GTクーペがベース。

2. The Peacemaker(ザ・ピースメーカー )
ベース車:1970年製クライスラー・ヴァリアント

3. Elvis(エルビス)
ベース車:1932年製フォード・デュース・クーペ

4. Plymouth Rock(プリマス・ロック)
ベース車:1932年製プリマスのセダン型

5. Buggy #9(バギー #9)
ベース車:オーストラリアのキットカー「the Perentti」

6. The Nux Car(ニュークス・カー)
ベース車:1934年製シボレー・5ウィンドウ・クーペ

7. The Gigahorse(ギガホース)
ベース車:1959年製GM・キャディラック・ドゥヴィル

8. Motorats

狂気の世界がかわいい感じに仕上がっていますね。ちなみに何ともB級感漂う設定の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」ですが、2015年の第88回アカデミー賞では6部門を受賞した作品でもあります。

このマッドマックスのピクセルアートは、ロシアのアーティスト Evgeniy Yudin 氏(イラスト担当)と Misha Petrick 氏(アニメーション担当)のコラボレーション作品です。

イラスト担当の Evgeniy Yudin 氏のInstagramではその他の車両も登場しています。

9. The Big Foot(ビッグフット)
ベース車:1940年代に製造された米・ファーゴ社のトラック

また「マッドマックス 怒りのデス・ロード」で実際に使用された改造バイクの写真がこちら。もちろんバイクもマッドです……
映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のマックスにマッド改造された凄いバイクいろいろ

ソース:MAD MAX Fury Road on Behance

関連記事

[閲覧注意] マッドマックス初期3部作の狂気に満ちた「ドライブシーン」をまとめた映像 - DNA

映画を題材にしたファミコン・ゲームと実際のシーンを比較したGIF動画シリーズ「BITS vs PICS」 - DNA

ジブリ作品のキャラクターをファミコン風に描いたピクセルアート・シリーズ「8-bit Ghibli」 - DNA

偉大な科学者たちが主人公の格闘ゲーム「Science Combat」の必殺技アニメーションGIF - DNA

8bitのドット絵調に変換された映画のポスター風イラストいろいろ - DNA

「マッドマックス」で流行中の「火を噴くウクレレ」の作り方 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧