世界のびっくりニュース

数年に2日間しか咲かない世界最大の花「ショクダイオオコンニャク」の開花ライブ映像をニューヨーク植物園が公開中


高さ3mを越える世界最大の花を咲かせるショクダイオオコンニャク。しかし数年に一度しか花を咲かせず、しかも開花しているのはわずか2日間のみ。そんなとても貴重なショクダイオオコンニャクの花が咲いている瞬間のライブ中継映像です。

ショクダイオオコンニャク(燭台大蒟蒻、スマトラオオコンニャク)は、インドネシア・スマトラ島の熱帯雨林に自生する世界最大の花を咲かせるコンニャク属の植物。直径が1m花の高さは3mを超え、さらに球根は100kg以上にまで成長するというどうにも規格外の大きさです。

ライブビュー映像はこちらから
Corpse Flower Cam at NYBG – YouTube

この映像はニューヨーク植物園(New York Botanical Garden、NYBG)がYoutubeで配信しているライブビュー映像です。10年間待ってやっと開花したとのこと。ライブ中継で世界に発信したいその気持ちよくわかります。

またショクダイオオコンニャクは、もう一つの世界最大の花とされる「ラフレシア」同様に強烈な死臭をさせることでも知られており、その強烈な腐臭で昆虫を集めて花粉を媒介させています。ちなみにその独特の香りから英語では corpse flower(死体の花)と呼ばれています……ちょっと嗅いで見たかも。

植物は信じられない進化をしてしまうようで、別の何かにしか見えない不思議な形状をした植物たちも存在しています。しかしダース・ベーダー似って……
神秘の進化を遂げて別の何かに見えてしまう不思議な形状の植物17選

関連記事

美しい花が咲き乱れる瞬間を捉えたタイムラプス動画「The Life of flowers」 - DNA

無骨なトゲトゲからは想像できないほど色鮮やかに咲き乱れる「サボテンの花」のタイムラプス映像「Freaky Flowers」 - DNA

オランダの大規模なチューリップ畑で大型専用マシンが一気に花を刈り取っていく映像 - DNA

花咲く瞬間の美をタイムラプスで捉えた動画「Flowers Timelapse」 - DNA

世界で最も乾燥したアタカマ砂漠に大量の雨が降ると想像を超えた絶景が現れる - DNA

時間をギュッと圧縮すると見えてくる「躍動感溢れる開花」の瞬間をまとめたタイムラプス映像シリーズ「Flowers opening timelapse」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧