アートとデザイン

有名監督たちの色彩、映画の世界観をカラースキームで表現した「Cinema Palettes」


「Cinema Palettes」は、60年代の名作から最近公開された話題の映画のワンシーンを切り取り10個のカラーパレットでまとめた作品。瞬間の心情心理や映画全体の雰囲気など、有名な映画監督たちが描いた世界観を色で感じる事ができます。

1. 「卒業 (1967)」、監督:マイク・ニコルズ

2. 「羊たちの沈黙 (1991) 」、監督:ジョナサン・デミ

3. 「ムーンライズ・キングダム (2012) 」、監督:ウェス・アンダーソン

4. 「タクシードライバー (1976) 」、監督:マーティン・スコセッシ

5. 「メリー・ポピンズ (1964)」、監督:ロバート・スティーヴンソン

6. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード (2015) 」、監督:ジョージ・ミラー

7. 「レオン (1994) 」、監督:リュック・ベッソン

8. 「ラスベガスをやっつけろ (1998) 」、監督:テリー・ギリアム

9. 「トレインスポッティング (1996)」、監督:ダニー・ボイル

10. 「パルプ・フィクション (1994) 」、監督:クエンティン・タランティーノ

11. 「ゴッドファーザー (1972)」、監督:フランシス・フォード・コッポラ

12. 「秒速5センチメートル (2007) 」、監督:新海誠

13. 「夕陽のガンマン (1965)」、監督:セルジオ・レオーネ

14. 「シャイニング (1980) 」、監督:スタンリー・キューブリック

15. 「アナと雪の女王 (2013) 」、監督:クリス・バック、ジェニファー・リー

16. 「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 (1980) 」、監督:アーヴィン・カーシュナー

17. 「となりのトトロ (1988) 」、監督:宮崎 駿

18. 「レザボア・ドッグス (1992) 」、監督:クエンティン・タランティーノ

19. 「シザーハンズ (1991) 」、監督:ティム・バートン

20. 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (2015) 」、監督:J・J・エイブラムス

これらの作品は CINEMA PALETTES 氏が Twitter で公開しているもの。現在のところ250を越える作品が公開されています。もしリクエストがあれば Tweet してくれとのことです。

ちなみにハリウッド映画は「映画の顔」となるポスターはある程度パターン化されている模様。ある意味色や構図などを最適化した結果だと思うのですが……
だいたいパターンは決まっているハリウッド映画のポスターのステレオタイプ14選

ソース:CINEMA PALETTES(@CINEMAPALETTES)さん | Twitter

関連記事

キューブリック、コッポラ、タランティーノなど10人の偉大な映画監督が愛した映画100本 - DNA

西アフリカ・ガーナの素晴らしくアートな手描き映画ポスター30枚 - DNA

映画55本の始まりと終わりを数秒ずつ切り取り比較したマッシュアップ映像 - DNA

赤・青・黄で強烈に描く、ギレルモ・デル・トロ監督の効果的な色使いをまとめた「Del Toro in Colors」 - DNA

いろいろな映画をバーコード状になるまでギュッと圧縮したらこんな感じ - DNA

映画の内容を極限まで削り込み、単純化したポスター22枚 - DNA

映画の中身を極限まで単純にしたピクトグラム9枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧