世界のびっくりニュース

世界最大のカメの口の中は非常に恐ろしい仕組みになっている


甲長2m、体重1トンにも成長する世界最大のカメ「オサガメ(長亀)」。主にクラゲを食べているのため体のある部分が特異な形状に進化しています。

口から食道まで棘のような突起物がびっしり敷き詰められている構造をしています。

1.

このような形状に進化した理由は、水を吐き出す時にクラゲまで吐き出さないようにするため、また柔らかいクラゲを引き裂き消化を良くするためと考えられています。

2.

3.

4. アップでみるとこんな感じ

人間までもゴリゴリと飲み込んでしまいそうな雰囲気ですが、この突起物は柔らかく人が触ってもけがをするようなことはないそうです。

5.

こちらはオサガメの解剖の映像です。食道残っていたクラゲが撮影さています。

Laura C.さん(@la_castanon)が投稿した動画

ちなみに海とは正反対の砂漠地帯に棲息する「ラクダ」の口の中もオサガメと非常に似た構造となっています。動物の進化とは非常に不思議なものですね。
ラクダの口の中は非常に恐ろしい仕組みになっている

ソース:Video shows spikes inside of loggerhead turtle’s throat | Daily Mail Online
Leatherback Turtle’s Mouth : snopes.com
What Kind Of Creature Needs A Mouth Like This? • Lazer Horse

関連記事

かわいいペンギンが一瞬でホラーになってしまった驚愕の写真 - DNA

愛らしい外見からはとても想像出来ないある動物の頭蓋骨写真 - DNA

何事も無かったかのようにエサを食べているひっくり返った状態のカメ - DNA

スローなカメは交尾もやっぱりスローなことが分かる動画 - DNA

巨体のゾウガメがゾウガメにひっくり返されている大迫力な瞬間の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧