アートとデザイン

20世紀初頭に製造された独創的なフォルムを持つ黎明期の飛行機40選


ライト兄弟が「ライトフライヤー号」で世界で初めて飛行に成功したのが1903年。そんな20世紀初頭に訪れた飛行機の黎明期に試行錯誤を重ね製作された魅力溢れる機体の写真です。

1. イギリスの航空工学者ホラティオ・フレデリック・フィリップスの多葉機(1904年)

2. 同じくフィリップスの多葉機(1907年)

3. D’Equevillay(1908年)

4. Belin

5. 電話の発明者ベルが設計した「AEA Cygnet」(1907年)

6. Jourdan(1911年)

7. Jourdan(1911年)

8. Kauffmann No. 1(1910年)

9. アメリカ人パイロット ジョン・モワザン(1909年)

10. 同じくモアザン(1909年)。

11. フランス人パイロットのルイ・ポーラン(1911年)

12. こちらも同じくポーラン(1911年)

13. Robart(1908年)

14. Robart(1908年)

15. Da Silva(1909年)

16. Sloan(1910年)

17. Stoeckel(1909年)

18. スイスのパイロット Emile Taddeoli。首都ベルンにて。

19. De La Vaux

20. Witzig-Liore-Dutilleul

21. Attwood(1910年〜1915年頃)

22. ウィロビー水上飛行機「ペリカン」。(1910年〜1915年頃)

23. イギリスの発明家 パーシー・ピルチャーのグライダー「ビートル」。(1896年頃)

24. Albessard

25. Autostable

26. Bertrand U1

27. Bonnet Labrache

28. Dorand(1908年)

29. Gilbert

30. ギヴォーダン タンデム環状翼機(1909年)

31. Kluytmants No. 18(1909年頃)

32. De Puiseux

33. Roux Vosgiens(1909年)

34. チリの航空機設計者ホセ・ルイス・サンチェス・ベサ(1912年)

35. Schreck Diapason

36. Sylphe(1911年)

37. Vaniman

38. Vedovelli(1911年)

39. ブラジルの飛行機王 アルベルト・サントス・デュモンの飛行機「14ーbis」。(1906年)

40. 1901年、ノースカロライナ州キティーホークでのライト兄弟。2年後にこの場所で初飛行に成功する。

ライト兄弟の初飛行から11年後の1914年に勃発した第一次世界大戦ではすでに戦闘機が登場し、40年代後半にはレシプロ機からジェット機へ進化した飛行機。たった100年で物凄い進化を遂げていますが、100年後にはどんな飛行機が登場しているのか?……予想を的中させるのは相当難しいのでは無いでしょうか。

ちなみに1900年頃に100年後を予測したイラストがこちら。なかなか不思議な世界となっています。
1900年頃にドイツが想像した2000年の未来予測イラスト12枚

関連記事

魔法のように短い距離で離陸していく軽飛行機の動画 - DNA

強烈な横風の中で離着陸を敢行しているいろいろな飛行機の映像 - DNA

一緒の飛行機になったらちょっとびっくりするような人たちの画像26枚 - DNA

世界の戦車・ヘリ・飛行機のコックピットの画像いろいろ - DNA

世界中の空を旅した気分に浸れる、飛行機の窓から撮影された美麗な写真50枚 - DNA

空撮専門会社が飛行機を空撮した動画をマッシュアップしたムービー「Wolfe Air Reel」 - DNA

大自然の中で朽ち果てるままの飛行機を撮影した写真プロジェクト「Happy End」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧