科学と技術

1963年に製造されるはずだったジャガー「Eタイプ・ライトウェイト」 50年前と全く同じ仕様で製造しているタイムラプス映像


1963年に製造される予定だったジャガーのレーシングカー「Eタイプ・ライトウェイト」を、1960年代当時と全く同じ仕様でジャガー選り抜きの職人たちの手作業で製造されている様子を撮影した映像です。

「Eタイプ・ライトウェイト」は、1963年、レースで勝つためにジャガーが立ち上げた「スペシャル GT Eタイプ プロジェクト(Special GT E-type project)」で生まれたレーシングカー。当時製造予定だった18台中の12台はすでに製造済み、しかし残りの6台は半世紀過ぎても未製造のままとなっていました。

そしてジャガーの「リ・クリエイション」プロジェクトとして、未製造のままとなっていた残りの6台を当時に割り当てられていた車体番号、当時と同じ仕様の部品、当時と同じ工場(イングランド・コヴェントリー)で、職人さんたちの手作業で組み立てられています。

動画はこちらから。
Jaguar Lightweight E-type – Oldtimer-Schönheit in Neuauflage (2015) – YouTube

ボディとエンジンプロックはオールアルミ製の「Eタイプ・ライトウェイト」は標準のEタイプに比べ114kgも軽量化したモデルです。ちなみに新しく生産された残り6台の価格は100万ポンド(約1億8千万円)とも言われています。

新「Eタイプ・ライトウェイト」がサーキット走行している映像はこちら。
Jaguar reveals all-new Lightweight E-type, the ‘Missing Six’ – YouTube

こちらは1963年のシルバーストーン(サーキット)で活躍する「Eタイプ・ライトウェイト」。
1.

2.

3.

ジャガー公式サイト「Lightweight E-TYPE is reborn

また先日、惜しまれながらも23年の歴史にピリオドを打つことになった三菱「ランサー・エボリューション」の製造工程を撮影した映像です。もしかすると、50年後くらいにランエボが当時の仕様で復活するということもあるかもしれませんね。
23年の歴史にピリオドを打った最後のランエボ「LANCER EVOLUTION FINAL」の製造工程の一部始終

関連記事

車の歴史を彩った名クラシックカーとその伝統を継承した現在の後継モデルを比較した写真いろいろ - DNA

バイクのサイドカーをウラル社の職人さんたちが手作りで製作している動画 - DNA

独創的なスタイルが魅力的、1960〜1970年代のコンセプトカーいろいろ - DNA

2012年版、現在最も高い値段で売られている新車トップ10 - DNA

「東側×レトロ」な組み合わせがたまらない、1960〜70年代のソ連製自動車いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧