世界のびっくりニュース

交差点の真ん中で震える子猫 勇敢な女性バイカーが対向車を制し救出


車が行き交う目の前の交差点の中央に今にも轢かれてしまいそうになっている非常に危険な状態の子猫を信号待ちをしている女性バイカーが発見。直ぐに通行中の車を制止し子猫のところに向かった女性の勇気ある行動で奇跡的に無傷の状態で子猫が救出されています。

この映像は、女性バイカーのヘルメットに設置されていたカメラが撮影していたもの。子猫救出の一部始終が撮影されています。

動画はこちらから。
I sound stupid, but I saved a kitten. – YouTube

そしてこちらが、救出直後に撮影した子猫の写真です。

翌日、動物病院に連れて行って一通り検査をしてもらったところ何も異常が無かったとのこと。その後この子猫は救出した女性がそのまま飼うことになったそうです。ちなにこの子猫の名前は「タイヤ痕」を意味するスキッドマーク(skidmark)と名付けられています。なかなかスパイスの効いた素敵な名前ですね。

こちらが後日に撮影された元気にじゃれているスキッドマークの映像です。
Skids update – YouTube

なぜ子猫が突然交差点の真ん中に現れたのかについては、赤い車(12〜16秒)が交差点を通った直後に子猫が道路に現れているため、暖を取るために温かいエンジン付近に忍び込み運悪く交差点の真ん中で車から振り落とされてしまったのではないかと推測されています。

狭いところや暖かいところが大好きなのは猫の習性……車に近づかないようにする何かいい方法はないものでしょうか。

ちなみにこちらは車のサスペンションにハマってしまった猫の救出劇の映像です。この猫も一歩間違えれば大変なことになっていたところを救出されています。
車のサスペンションにハマり込んでしまった猫の大救出劇の一部始終

ソース:Saved a kitten : motorcycles

関連記事

自分で掘った巣穴にハマった太り過ぎの野ねずみの救出動画 - DNA

うっかり船の下に入り込んでしまったネコを見事な背泳ぎで救出 - DNA

裏返しになり身動きできなくなったリクガメを仲間のリクガメが救助している動画 - DNA

柵に頭が挟まってしまった少年が思わぬ方法で自ら脱出している動画 - DNA

バットマンとキャプテン・アメリカ、火災現場からネコを救出する - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧