世界のびっくりニュース

家でも簡単に出来るいろいろなコーヒーのいれ方のアニメーションガイド「An Instant Guide to Making Coffee」


一言でコーヒーと言っても豆の種類やブレンド、または様々ないれ方などがあり多種多様に楽しまれています。「An Instant Guide to Making Coffee」は、いろいろあるコーヒーのいれ方を紹介している可愛いアニメーション映像です。自分で工夫して入れるコーヒーは、きっとが違う気がします。

1. Pour Over(ポア・オーバー)
いわゆる普通のペーパードリップ・スタイル。

2. Chemex(ケメックス
ケメックスは、ドイツ生まれのアメリカ人発明家シュラボーム博士(化学)が1941年に発明したコーヒーメーカー。馴染み深い実験室の器具に強く影響を受けて作られた砂時計のような美しい形状が一番の特徴で、半世紀以上たった現在でもロングセラーとなっています。ちなみにコーヒーのいれかたはポア・オーバーと同じです。

3. FrenchPress(フレンチプレス
1929年にイタリア人デザイナーが特許を取得しており、コーヒープレス、コーヒープランジャー、カフェティエールなどとも呼ばれている。

4. AeroPress(エアロプレス
フリスビーと似たエアロビーを制作している米・エアロビー社が2005年に発明した器具。比較的濃いコーヒーを作ることが出来る。

5. Vacuum Pot(コーヒーサイフォン
19世紀ヨーロッパで生まれたコヒーの香りや味の再現性に定評があるいれ方。

6. Moka pot(モカ・ポット)
直火式エスプレッソメーカー。モカ・エキスプレス、マキネッタとも呼ばれる。

動画はこちらから。
An Instant Guide to Making Coffee on Vimeo

まずは器具を選ぶところから初めないといけませんが、いろいろ試してみて自分にあったいれ方をみつけるのも悪く無いのではないでしょうか。

また世界中には様々な種類のコーヒーが存在しており、それぞれ地元では愛される味として親しまれています。そんな世界各国の魅力的なコーヒーのレシピはこちらです。
一度は味わってみたい世界のいろいろなコーヒー・レシピ

関連記事

難解なシアトル系コーヒーの名前を分かりやすく解説しているインフォグラッフィクス - DNA

砂と鍋で淹れるちょっと不思議な中東伝統のトルコ・コーヒー - DNA

最高のコーヒーをどこでもその場で味わえるポータブル・コーヒーバッグ「Travel Coffee Kit」 - DNA

あの「コピ・ルアク」を軽く凌駕する世界一高価な超高級コーヒー豆「ブラック・アイボリー(Black Ivory)」の製造工程の写真 - DNA

[字幕動画]最後までやたらハイテンションな「戦場でのコーヒーの入れ方」動画 - DNA

ハイスピード撮影するとコーヒーにクリームを投入する1秒足らずの瞬間がドラマチックになる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧