世界のびっくりニュース

自転車乗りの手を守る防風・防雨カウリング「Dribarz」が出資募集中


サイクルウェアは素材や作りの進歩によって多少の雨では問題がなくなりましたが、問題は「手」のほう。グローブは一度濡らすとかなり不快ですし、防水性を高め過ぎると汗が抜けません。かといって真冬などはグローブを脱ぐと走行風が冷たく……そんなデリケートな「手」を守ってくれるカウリングが出資を募集しています。

「Dribarz」はご覧のとおりのハンドルカウリング。雨や風が直接当たらず、快適性を保持しやすくなります。ママチャリのハンドルカバーをドロップハンドル用にしたような感じですね。

転倒の際に手を離しにくくなるので安全性の面では「?」ですが、風の冷たい時期などにはいいのではないでしょうか。Kickstarterでは募集額5万2千ドル(約620万円)のところ、2234ドル(約27万円)が集まっています。

動画はこちらから。

ソース:DriBarz

関連記事

空気中の水分から飲料水を生成する自転車用デバイス「Fontus」 - DNA

世界最速のロケット自転車「KAMIKAZE V」が時速333kmでフェラーリをブチ抜いていく動画 - DNA

自転車でも迫力のエキゾースト音を響かせることができるシステム「TurboSpoke Bicycle Exhaust System」 - DNA

サドルの下でブラブラと2つの玉が光る印象的なフォルムの自転車用リアライト「Bike Balls」 - DNA

ハブもスポークもない傘サイズに折りたためる26インチ自転車「Sada Bike」 - DNA

自転車のヘッドライトで地面に速度を表示する試作システムの動画 - DNA

「事実上」破壊不可能、チタンの板から作られた究極の自転車用ロック「TiGr Lock」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧