科学と技術

何かちょっと違う気がする……テスラモーターズが開発した自動充電装置ロボットのデモ映像


テスラモーターズが開発した自動充電装置は、駐車場に停めた電気自動車に自分でわざわざ充電器を取り付ける必要が無く、自動で充電してくれる非常に優秀なロボット。そのデモ映像が公開されているのですが、何となく思い描いていた未来感とはちょっと違う気がします。

動画はこちらから。
Charger prototype finding its way to Model S – YouTube

ちなみこのロボットはまだプロトタイプ(試作品)の段階。ヘビまたはタコの触手のような動きとなっていますが機能的には必要十分。これからの進化によっては全く違ったモノになる可能性もあります。あとは全力で暴走する自動スナック菓子食べさせロボットアームのような不具合がないことを祈ります。

ちなみにこの映像を見たテスラモーターズのCEO イーロン・マスクによるツイート。「テスラのヘビ型自動充電ロボットのプロトタイプ。何か違うような気がする」とのこと。確かに……

この自動充電器のプロトタイプのデモ映像に使用されえいる電気自動車「テスラ モデルS」の加速はこんな感じになっています。
「狂気モード」を搭載した世界最速の電気自動車「テスラ モデルS P85D」のスタート加速は本当に狂っていた

関連記事

「自動スナック菓子食べさせロボットアーム」が全力でスナックを叩きつけてくる失敗動画 - DNA

カメレオンの舌を真似て「ドラえもんの手」のようにどんな形状のモノでもつかむ事ができるロボットアームが開発 - DNA

DARPA主催ロボットコンテストで思いっきりコケまくる人間型ロボットたちの動画 - DNA

少女と心を通わせる人型戦闘ロボットのコスプレがなんだか感動的な動画 - DNA

映画に出てくるロボットをいろいろ集めたマッシュアップ動画「SUPERCUT: Robots on Film」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧