世界のびっくりニュース

アメリカの諜報機関NSAによる日本政府や大企業の盗聴・ハック記録をウィキリークスが公開


アメリカ軍によるイラクでの民間人誤射事件や、アメリカの外交公電の内容など、各国政府にとって色々と不都合な事実をすっぱ抜いてきたウィキリークスが、今度はアメリカの諜報機関NSAによる日本へのスパイ行為の記録らしきものを公開しています。

今回「Target Tokyo」と題して公開されたリリースでは、米国家安全保障局(NSA)が日本政府や企業に浸透していた証拠として、「ターゲット」となった政府・大企業の重要人物の電話番号のリストと、政府の内部文書の一部が公開されています。

電話番号リストはNSA内部のデータベースから抽出されたものと思われ「JPFIN INTL DEPT(外務省)」「JPFIN MONETARY AFFAIRS DEPT(財務省)」といったラベルつきの番号が35件掲載されています。

三菱商事天然ガス事業本部や三井石油と思しき名前も見られます。
Top Japanese NSA Targets- Target Tokyo

Top Japanese NSA Intercepts」と題される内部文書についてはおもに第1次安倍内閣時代のものが掲載。二酸化炭素排出量に関する政府の思惑や発表を予定している内容がやりとりされ、アメリカが日本の環境政策とそれによる自国への影響について注視・検討していたことが分かる内容となっています。

また、食料品の輸入規制に関しても調査を行っており、2009年の文章とされるものではアメリカ産の未くん蒸さくらんぼの輸入許可の遅れについて、米政府がかけた圧力とそれに対する日本政府の反応がまとめられています。

こうして日本政府の内部情報や、行動計画などが明らかになっていれば、当然先回りして手を打つこともできます。あらためてアメリカは真の友人であるのかどうか、考えてみる必要がありそうですね。

ソース:WikiLeaks – Target Tokyo

関連記事

ウィキリークス「地球のみんな!サーバーを分けてくれ!」と複製サイトの運営を呼びかけ中 - DNA

告発サイト「ウィキリークス」創設者の逮捕に抗議してハッカー集団が各所を攻撃中 - DNA

岩盤を掘りぬいた核シェルターを再利用したスウェーデンのデータセンタの内部写真 - DNA

[字幕動画]暴露サイト「ウィキリークス」が、マスターカードの「プライスレス」CMのパロディ動画を公開 - DNA

モスクを潜入捜査していたFBIのスパイ「話が過激すぎる」と通報される - DNA

ビル・ゲイツのブログに写っていてはいけないものが写った画像が掲載されている - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧