世界のびっくりニュース

ジャワ島の密林に忽然と現れる鳥の形状を模した不可解な巨大建築物の廃墟「Gereja Ayam」


インドネシア・ジャワ島のジャングルの奥地にある小高い丘に建てられ、現在は未完成のまま放置され廃墟化した巨大な鳥の形をした巨大建築物「Gereja Ayam」。ゆっくりと朽ち果てながらも圧倒的存在感を放つとても不思議な廃墟です。

「Gereja Ayam」は、インドネシアの首都ジャカルタで働いていた Daniel Alamsjah 氏が、1989年に突然神の掲示を受け妻の実家のあるジャワ島中部ジャワ州に位置するマゲラン近くの小高い丘に建てた礼拝堂。鳩(はと)の姿を模した礼拝堂として建築されたのですが、地元の人達からはニワトリ教会(Chicken Church)とも呼ばれています。

この場所はジャングルの奥深くに位置し、近くには世界遺産・ボロブドゥール遺跡が存在しています。

1.

神を信じる者が集う場所として建てられた「Gereja Ayam」。そのためキリスト教ではない日本人やムスリムなど7つもの国から祈りを捧げるために人が集まってきたと Alamsjah 氏は話します。Alamsjah 氏は敬虔なキリスト教徒なのですが、この建築物については「ニワトリでも無く教会でもない。鳩の形をした礼拝堂だ」とのこと。

また「Gereja Ayam」は、様々な問題や障害を抱える子どもや若者、薬物中毒者などのリハビリ施設としても使用されていました。しかし年を取った Alamsjah 氏が丘の上まで行くことが大変となったため、約15年前に近くの村に住むことなり礼拝堂はそのまま放置され廃墟となってしまったそうです。現在、Alamsjah 氏は村の自宅で21人の患者と共にセラピストとして生活を送っています。

何かを訴えかけているようにも感じるぱっくりと開いた真っ赤なクチバシが印象的です。

2.

3.

4.

近くから見た「Gereja Ayam」。土地の購入や建築費など約2万1000円(170ドル)を費やしたのですが、建築費が予想より大きくなり未完成のままとなっています。

5.

6.

建物内部の様子。長い期間放置されているため非常に不安定な状態となっています。

7.

8.

9.

地下には明かりの全く届かない12の未完成の小部屋が存在しています。そのため様々な憶測や噂が流れたようですが、実際にはリハビリ用ではなく神に祈るための個室として使用されていたそうです。

10.

11.

こちらの男性が「Gereja Ayam」を作り上げた Daniel Alamsjah 氏。

12.

この不思議な廃墟となっている建築物「Gereja Ayam」を見学しに多くの人々が訪れることで周りの小さな村の収入源の一つとなっています。

「Gereja Ayam」をドローンで空撮した映像はこちら。
Giant Chicken Church on Vimeo

建設から廃墟に至るまでの非常に興味深い経緯が存在するインドネシアの密林にある「Gereja Ayam」ですが、世界中には様々な理由で街全体が廃墟化しゴーストタウンとなってしまった場所もあります。
奇妙かつ哀しい理由で廃墟となってしまった世界のゴーストタウン24選
y

ソース:A Towering Prayer House in the Hills – The Jakarta Globe

‘Chicken Church’ built in the Indonesian jungle by man with ‘a vision from God’  | Daily Mail Online

関連記事

学校へ行くだけで命懸け、世界の過酷すぎる通学路の登校風景いろいろ - DNA

住民に放棄され街ごと廃墟と化した世界のゴーストタウン13選 - DNA

恐怖心を煽られるヨーロッパ旧共産圏の廃墟と化したソ連感満点の建築物の写真集「Soviet Ghosts」 - DNA

世界中に残る放棄された軍事施設の廃墟いろいろ - DNA

時が止まり独特の美を放っている廃墟の写真いろいろ - DNA

一度見たら頭から離れない廃墟化した精神病院の写真シリーズ「American Asylums」 - DNA

かつてルーマニアで最も豪奢な建築物と謳われ大いに賑わった「コンスタンツァ・カジノ」の廃墟写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧