世界のびっくりニュース

ロシアの「走り屋」たちが手作りした改造車のビジュアルはかなりすごい


ロシアの車の標準装備ダイナミックな交通マナーなど、非常に厳しいことで有名なロシアの交通事情。その道路を走るロシアの車も只者じゃないようです。

1. 硬派なラリー仕様のラーダ

2. 大きなリアウィングスポイラーが装着された漆黒のラーダ

3. ダンボール……

4. トランスフォーマーのバンブルビーっぽい仕上がり

5. このラーダに乗れば何かミラクルを起こせそうです

6. 独特な曲線美のバンパー

7. 全身毛皮に覆われた改造車。タイヤのペンキの塗り方ちょっと残念……

8. 皮を一枚剥いだ感じのビジュアル

9. とりあえず紙で……

10. 2つのBMWエンブレムはBMW愛の証でしょうか

11. 本気を出した時のバッテリが心配です

12. 個性派テールランプ

13. 楽器?

14. 四角にこだわった

15. 大きく後ろに刻まれた「WRC(世界ラリー選手権)」の3文字

登場している車は、主にロシアの自動車メーカ「ラーダ」のクラシックタイプ。ちなみに1977年に生産が開始されたフィアット・124をベースしたラーダのクラシック・シリーズは、2012年に惜しまれながらも生産終了し45年の歴史に終止符が打たれています。ただし、同じく1977年に生産開始された4×4タイプのラーダ・ニーヴァは現在も生産中。

1960〜70年代のレトロなロシア(旧ソ連)の自動車には独特な雰囲気がありますね。
「東側×レトロ」な組み合わせがたまらない、1960〜70年代のソ連製自動車いろいろ – DNA

ソース:no-title

関連記事

走行中の車を停めてケンカを売ったらとんでもない奴らに返り討ちに合うロシアのドラレコ動画 - DNA

ガソリンスタンドで給油口が逆だった場合のロシア流対処方法 - DNA

ロシアでは自動車のワイパーが壊れると楽しそうになる - DNA

交通マナーの悪いドライバーに無慈悲な制裁を下すロシアのバスのドラレコ映像 - DNA

圧倒的パフォーマンスで縦列駐車をキメているモスクワの女性 - DNA

あまりにもワンダーランドすぎるロシアの素敵な日常風景の写真50枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧