世界のびっくりニュース

空港で預ける手荷物には壊れものを絶対に入れるべきではない、ということがよくわかる動画


飛行場で預けられた荷物は利用者から見られることがないため、どう扱われているかは謎のまま。もしかすると海外からの荷物が壊れていたという経験のある人も少なからずいるでのはないでしょうか。作業員は丁寧に扱ってくれているはずなのですが、問題はそこでは無く別のところにあります。

重たい荷物に対応するためパワーとスピードが必要なことは理解できるのですが……動画はこちらから。
Airport Baggage System pushers – YouTube

このように荷物の仕分けに、何というか……ぶん殴るシステムを採用している空港も少なからずあるようなので、飛行場で預ける手荷物はある程度の覚悟が必要そう。

また、スーツケースやキャリーバックなどのファスナー付きのバッグは、鍵がかかっていても簡単に開け閉めが出来てしまうものもありセキュリティ面にも不安があります。そのため、壊れやすい荷物だけではなく貴重品についても可能な限り機内へ持ち込むほうが良さそうです。
カギの掛かったスーツケースをペン一本で簡単に跡形もなく開け閉めしているデモ動画

関連記事

見たこともない武器がずらり、空港で押収されたヤバいモノをアメリカ運輸保安庁が公開 - DNA

荷物の旅、航空会社に預ける手荷物の中にカメラを仕込んで撮影した動画 - DNA

飛行機で疲れすぎてしまって荷物のように運ばれていくロシアの女の子の動画 - DNA

人間が空港の荷物検査機の中を通り抜けるとこんな風に見える - DNA

空港で颯爽とキャリーバッグを運ぶちっちゃなヨークシャー・テリアの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧