アートとデザイン

無骨なトゲトゲからは想像できないほど色鮮やかに咲き乱れる「サボテンの花」のタイムラプス映像「Freaky Flowers」


サボテンは、一般的に成長が遅く開花に30年程度を要する種や独特な環境に適応しているため「サボテンの花」は珍しく「サボテンって花が咲くの?」と思ってしまう人もいるかもしません。しかし、意外にも色鮮やかで美しい花が咲くサボテン。ちょっと奇妙な感じもしますが、あの外見からはちょっと想像し難い艶やかで美しい花が咲いています。

このタイムラプス映像「Freaky Flowers: Echinopsis Cacti in Bloom」に登場するのは、特に美しい花を咲かせることで知られている「サボテン科サボテン科エキノプシス属」のサボテン。たくさんの種類のエキノプシス属の花がパッと咲き、急激にしぼんでいく様子が撮影されています。

動画はこちらから。
Freaky Flowers: Echinopsis Cacti in Bloom on Vimeo

この映像は、サボテンを熱狂的に愛する写真家 Greg Krehel 氏の作品です。

Krehel 氏によると「サボテンの花は、夜に咲き始め約一日でしぼんてしまいます。実際、花のピークは約1時間、長くても2時間程度しかありません」。だからこそ「サボテンの花」の熱狂的なファンになってしまったとのこと。ちなみにこの映像に登場しているサボテンは全て Krehel 氏のコレクションです。

海外ではサボテンやサボテンの実を食料としているところもあります。もちろんあのトゲトゲの部分を直接食べてしまうことはありませんが、もしサボテンを丸かじりしたら怒鳴ってしまうのかを検証している動画です。とんでもなく食べにくそうですが、一番の問題は次の朝のトイレのようです。
[閲覧注意] 気合と根性だけで2本の生サボテンを完食している動画

関連記事

厳しい環境を生き抜く植物の姿に心奪われてしまう写真25枚 - DNA

捕まえた昆虫を食べてしまう「食虫植物」の成長や捕食の瞬間を捉えたタイムラプス映像「Carnivora Gardinum」 - DNA

神秘の進化を遂げて別の何かに見えてしまう不思議な形状の植物17選 - DNA

17世紀の女性昆虫学者が精密にスケッチした昆虫・植物図鑑「Erucarum Ortus」の美麗なイラストレーション - DNA

[閲覧注意]いろいろな罠で虫や小動物を捕食している食虫植物の写真 - DNA

神秘的で多様な形状に進化した植物の種の写真集「Means of Reproduction」 - DNA

有名な植物の意外と知られていない不思議な形をした種子の写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧