ネット・PC

「μTorrent」最新版でBitCoinマイニングウェアが無断でインストールされることが判明


オープンソースソフトウェアの大規模ファイルの転送によく用いられているBitTorrentネットワークで、最大のシェアをもつクライアントウェアである「μTorrent」最新版に、BitCoinマイニングウェアを無断でインストールされるという疑惑が生じています。

「μTorrent」の公式フォーラムでの報告によれば、最新バージョンである「3.4.2 build 28913 (32-bit)」にアップデートした際、CPUの使用率が向上したのを不審に思ったユーザーが調査したところ、見覚えのない「EpicScale」というソフトウェアがインストールされ、自動で実行されているのが発見されたとのこと。

フォーラムにおける運営者の回答によれば「EpicScale」はネット上のコンピューターの余った計算パワーを集めて利用してBitCoinのマイニングを行っており、その収益は慈善活動に用いられるとのこと。将来は病原体の解析などのプロジェクトに対してパワーを提供するということになっています。

ただし、インストールはユーザーの承認を得て行われるとしており、無断でインストールされることはないとも回答しています。

しかし一部ユーザーからは「インストールされていない」という報告もあったものの、多くのユーザーから「勝手にインストールされていた」という報告があります。

BitTorrentニュースを扱うTorrentFreakの調査によれば、何度かインストールを繰り返したところ、このようにEpicScaleのインストールの可否を問うプロンプトが表示されたとのこと。
Imgur

なんらかの原因でプロンプトが表示されないエラーがあるのか、それとも本当に無断でインストールを行っているのかは定かではありませんが「ユーザーのマシンパワーで電子貨幣を生み出して儲けようとしていた」と思われても仕方ない事態だけに、影響は大きそうです。

なお、万が一インストールされていた場合は、コントロールパネルから簡単にアンインストール可能です。EpicScaleの公式サイトでもアンインストール方法が公開・解説されています

ソース:Warning: EpicScale “riskware” silently installed with latest uTorrent – General – µTorrent Community Forums

トップ画像:Credit Card Theft | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

ゲーム開発会社シミュレーションの「海賊版」に「海賊版のせいで売上悪化」するトラップが仕込んであってパニック - DNA

Netflixは海賊版ネットワークのランキングを見てどの映画を買い付けるかを決めている - DNA

2010年「最も不正ダウンロードされた映画」は「最も儲かった映画」であったことが判明 - DNA

BitTorrentの巨大ネットワークを支える、わずか100人程度の「職業シーダー」達 - DNA

「月間アクティブユーザー数は1億人」BitTorrentが考える新しい著作権の形とは - DNA

「空中サーバーなら差押えられない」P2P情報サイト「The Pirate Bay」が空中サーバープラットフォームを計画中 - DNA

映画「ハート・ロッカー」を違法ダウンロードした人のIPアドレス2万4583件が公開 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧