世界のびっくりニュース

とても簡単に種からアボカドを育てることが出来る栽培器具「AvoSeedo」


アボカドの真ん中にある大きな種。家でアボカドを調理する際には捨ててしまっているのではないでしょうか?もしこのアボカドの種からとても簡単にアボカドが栽培出来るとなればちょっと話は違ってくるはず。ということで、いつの日かアボカド三昧の生活を実現してくれそうなアボカド栽培器具「AvoSeedo」です。

1. こちらがアボカドに囲まれた「AvoSeedo」。

2. こんな感じでアボカドを栽培できます。

こちらは「AvoSeedo」の正しい使い方の解説動画です。①アボカドから種を取り出し種の皮をナイフで剥く。②水の上に浮いた「AvoSeedo」に先ほど処理した種を置く。これだけでOKです。
AvoSeedo instruction on Vimeo

3. 「AvoSeedo」を使用しなくとも簡単に出来きてしまいそうな気もしますが……アボカドの水栽培は通常こんな感じに爪楊枝を刺す作業が必要なのです。

4. また「AvoSeedo」の先端部分には旗(開始日付等の記載する)を立てる事が出来る小さなソケット、中央部分には様々なサイズの種を安定して置ける穴があり非常に便利なしくみとなっています。

5. 「AvoSeedo」は現在 kickstarter で資金調達中。価格は1個6ドル〜8ドルになるようです。出荷予定は2015年6月頃になるとのこと。
AvoSeedo – Grow your own Avocado Tree with ease! by Daniel Kalliontzis — Kickstarter

ある程度の量のアボカドの実を栽培するとなると土地や気候など色々と大変だと思いますが、観葉植物としてアボカドを育てるのは意外と敷居は低そうです。ちなみにアボカドは熱帯または亜熱帯のメキシコ・中央アメリカ原産の植物。そのため冬に低温(10℃以下)になる地域は気を付けて下さい。

ソース:AvoSeedo – Grow your own Avocado Tree with ease! by Daniel Kalliontzis — Kickstarter

関連記事

世界25の国や地域の1週間で食べる食料とその家族を比較した写真 - DNA

献立や盛り付け方など国によって違いがよくわかる世界20カ国の学校給食一覧 - DNA

世界のたまらなく美味しそうなサンドイッチ29選 - DNA

アメリカのごく普通のオフィスワーカーのランチが驚くほどシンプル - DNA

200キロカロリー分のいろいろな食べ物を同じサイズで撮影して比較した写真30枚 - DNA

世界の有名な文学作品に登場する架空の食事をリアルに再現した「Fictitious Dishes」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧