世界のびっくりニュース

12人のピアニストが一斉に1台のピアノを演奏するギネス記録再現動画


ピアノは1人でフルオーケストラに近い音域をカバーして演奏できる楽器ですが、奏者を2人4手、3人6手と増やすことで音の雰囲気もがらりと変わります。こちらは2000年に初演された12人のピアニストのパフォーマンスを、2011年に再現した動画。鍵盤の前で人が溢れてしまっています。

ピアノは88鍵なので、12人だと一人7鍵ちょっと、半オクターブほどの担当になります。和音すら1人では満足に作れず隣の人と一緒に頑張らないといけないので、見た目よりかなり難しいかもしれません。何よりみなゴンゴンと弾くのでピアノと思えない壮絶な音が響いてくるのが面白いです。
12 Pianists at 1 Piano: Albert Lavignac / Sischka Galop-Marche à 12 – YouTube

演奏しているのはラヴィニャック作曲「8手のためのギャロップ行進曲」。元々は4人8手で演奏されます。コミカルなレパートリーとして演奏会に出たピアニスト全員で演奏されることも多い曲で、こちらの動画もそうそうたるメンバーによる連弾が行われております。
“Le grand galop pour 8 mains” d’Albert Lavignac (extrait) par Brigitte Engerer – YouTube

こちらは人数はやや少なめですが、ピアノのあらゆる部分を使って演奏しております。
ピアノは弦楽器かそれとも打楽器か、5人で1台のピアノをよってたかって演奏する動画 – DNA

関連記事

ラグタイムから現代までのジャズピアノの歴史を演奏例つきで詳しく解説する動画「History of Jazz Piano」(字幕あり) - DNA

ピアノは弦楽器かそれとも打楽器か、5人で1台のピアノをよってたかって演奏する動画 - DNA

ピアノの弾くべき鍵盤がひと目で分かる練習用プロジェクションマッピングシステムの動画 - DNA

ピアノ演奏中に「足踏みペダル」で楽譜をめくるシステムをDIYした動画 - DNA

ファミコンのBGMや効果音をリアルタイムに自動ピアノで演奏する動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧