科学と技術

発射されたトマホーク・ミサイルが命中するまでひたすら追いかけていく動画


水平線の向こう側から気づかれることなく忍び寄り、標的を破壊する海上標的用トマホーク・ミサイルを発射から命中まで追いかけていく動画がこちら。海と比べるとものすごく小さな標的である船を見事に射抜いています。


動画はこちらから。
TACTOM – YouTube

命中する寸前。矢印の先にうっすらとトマホークが見えます。トマホークは普通の飛行機のようにジェットエンジンで飛ぶ「巡航ミサイル」なので、ロケットのような噴射炎は最初以外は見えません。

元々は地上の静止目標を攻撃するために作られていたトマホークミサイルですが、Block IVでは移動する目標を攻撃するため、標的位置の随時更新と誘導が可能になります。

レイセオン社が駆逐艦・USSキッドを用いて行われたこちらの実験では、かなりの長距離から移動する船舶に命中させることに成功し、誘導・通信システムの実効性が立証されました。ちなみに動画は途中がカットされていますが、これはミサイルの速度と到達時間から射程距離が判明してしまうことを防ぐための処置となっています。

関連記事

ロシアの戦略ミサイル軍は最終兵器「核ミサイル発射用ハンマー」をもっていた - DNA

無人機からのミサイルが疾走する乗用車をブチ抜くスローモーション動画 - DNA

かなり納豆ミサイルな動きを見せる手作り「赤外線誘導ペットボトルロケット」の動画 - DNA

対艦ミサイルが軍艦に当たるとこういう光景が繰り広げられる - DNA

[字幕動画]「軍縮で廃棄されるICBMに救援物資を積めて被災地に撃ちこもう」というアイディア - DNA

マッハ5の弾丸で厚さ3cmの鉄板を打ち抜き、その後7kmも飛ばしてしまうスーパー・レールガンの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧