世界のびっくりニュース

故障で前進しかできなくなった自動車を簡単な道具でバックさせる方法


トランスミッションが壊れてバックが出来なくなってしまった日産の海外専用車種・パスファインダー。非常にピンチな状態なのですが、トランスミッションを修理する前の応急処置としてとある簡単なツールで後方移動を成功させています。気合ですね。

使用するのはチェーンとポリ塩ビ製パイプのみ。さてどうやって前進ギアでバックしているのでしょうか。動画はこちらから。
My truck has no reverse. This is what I built so that I can back up if I have to. – YouTube

両方の後輪タイヤ下にチェーンを通したパイプが来るようにします。後輪が前方向に回転するとその下の塩ビパイプは後ろ方向に回転するので、その力でバックするというわけ。距離によっては直接車を押したり、他の車で牽引したりするほうが手軽な気もしますが……友達が少ない人など、自分の力だけでなんとかしなければいけない場合にはこういう方法もあるということを覚えておくといいかもしれませんね。

ちなみに、トルクや方向を複数の歯車等の機械部品で伝達する「トランスミッション」の仕組みはこんな感じになっています。1936年に米・シボレーが制作したモノクロ動画です。
[字幕動画]自動車のマニュアルトランスミッションを基礎から分かりやすく解説してくれる動画

関連記事

[字幕動画]自動車のマニュアルトランスミッションを基礎から分かりやすく解説してくれる動画 - DNA

[字幕動画]自動車の重要部品「デファレンシャルギア(デフギア)」の仕組みと構造を解説をしてくれる動画「Around the Corner」 - DNA

[字幕動画]F1カーのハンドルについている無数のスイッチは何に使うのか? - DNA

限界を越えた方法で荷物を運んでいる車の写真いろいろ - DNA

端のギアをコンクリートに固定してあるのに他のギアはまわり続ける不思議なマシンの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧