アートとデザイン

神々しい光景が望めるオランダで最も高い教会からの景色


高さ112mのユトレヒト大聖堂教会の塔「Dom Tower」はオランダで最も高い教会の塔。ユトレヒト市内一面を覆う霧から塔の上部のみが姿を表している姿は非常に神秘的です。

この映像は、オランダの映像作家 Jelte Keur 氏と Reinout van Schie 氏が10ヶ月を掛け最高のコンディションを待って撮影されたもの。撮影機材は、カメラを装着した無人航空機システム「DJI Phantom 2」が使用されています。

DJI Phantom 2 Epic (Domtoren Utrecht) – YouTube

ユトレヒト大聖堂教会は、1321年から1381年に掛けて建設されゴシック様式の教会。14世紀に建設されたヨーロッパの教会で最も高い塔の一つとして知られています。現在でもユトレヒトでは暗黙の了解としてこの塔を超える高さの建物が建てられることは無く、約700年近くユトレヒトを見守り続けています。

1630年頃に描かれたユトレヒトの絵画。

File:Panorama Droochsloot.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia

そして2008年に撮影されたユトレヒトのパノラマ写真。どちらも中央には変わらない大聖堂が存在しています。

File:Panorama Utrecht.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia

関連記事

複雑怪奇な国境線がすごいオランダとベルギーの超国際都市「バールレ=ナッサウ」と「バールレ=ヘルトフ」 - DNA

夏を最高に満喫しているオランダのビーチを上空から撮影した写真34枚 - DNA

到底実在しているとは思えないすばらしい絶景な場所25選 - DNA

死ぬまでに絶対この目で見てみたくなる、ものすごい場所に建てられた世界のレストラン18選 - DNA

悠久の歴史を伝える、釘を使わない伝統技術で建てられたロシアの木造教会12選 - DNA

ぐるっとバーティカル・パノラマで撮影された世界の荘厳な教会写真シリーズ「Vertical Churches」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧