ネット・PC

Linuxのデスクトップ環境「GNOME」の商標がグルーポンに乗っ取られようとしている


ソースコードが公開されており、誰でも利用することができる「オープンソースソフトウェア」の中でも、Linuxのデスクトップを形成する重要なソフト「GNOME」の商標が、グルーポンが開発中の新サービスによって乗っ取られようとしています。

GNOMEは、Linuxに対してGUI環境、つまり「見た目」や「ユーザーインターフェイス」を提供する重要なソフトウェア。その業績は過去17年にわたり、2006年には商標登録もされています。

しかし、日本でも運営されている共同購入型クーポンサイト「グルーポン」が開発したタブレット端末向けPOSソフトが、これと同じ綴りの名称「Gnome」の商標を申請。他にも「G NOME」や「G-NOME」など類似の商標を合計28個登録しようとしています

「グルーポン」で開発を担当しているようなエンジニアなら「GNOME」の名前を聞いたことがないはずはなく、どう考えてもオープンソース界隈の伝統をないがしろにしているようにしか思えません。

こうした「横暴」についてGNOME側はキャンペーンを展開、申請された10個について却下の請求をすべく、その費用として8万ドル(約925万円)の募金をサイト上で募集しています。

ソース:Help the GNOME Foundation defend the GNOME trademark

GNOME starts campaign to protect its trademarks – GNOME

関連記事

これぞお役所仕事、と呼ぶべき素晴らしい道路工事の写真 - DNA

オープンソースOS「Ubuntu」には「火曜日だけ印刷できない」という奇妙なバグがあった - DNA

bashとzshのターミナル環境を簡単にかっこよくカスタマイズする「Liquid Prompt」 - DNA

なぜVimのカーソル移動キーは「h・j・k・l」なのか? - DNA

フランス国家憲兵隊IT部門がオープンソースソフトウェアを使って40%のコスト削減を達成した、その長い長い道のり - DNA

Windows、Apple、Linux、それぞれのトラブル対処方法を比較してみる - DNA

なぜUnix系OSのホームディレクトリはあまり馴染みのない記号「~(チルダ)」で表現するのか - DNA

最新版Ubuntu「11.10 Oneiric Ocelot」をブラウザで体験できるサイト「Ubuntu online tour」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧