世界のびっくりニュース

ピアノの弾くべき鍵盤がひと目で分かる練習用プロジェクションマッピングシステムの動画


楽器の初学者にとって楽譜を素早く読むのはものすごく大変なこと。中にはそれで諦めてしまう人も多いでしょうが、ドイツのウルム大学で開発されたこちらのシステムがあれば、弾くべきキーをすぐに教えてくれます。

鍵盤の前に置かれたスクリーンをディスプレイとして、様々な情報やインターフェイスを表示するというのが基本的なスタイル。これは設定画面で、練習モードや練習したい譜面の範囲、テンポなどをキーで設定できるようです。

あとは光ったところを指で弾けば演奏できるという仕組み。同じようなものは既に存在しますが、こちらのシステムは曲の先の方までキー位置が表示されるので、より見通しよく演奏可能です。動画はこちらから。
Piano projections help you play a tune – YouTube

いわゆる「音ゲー」を練習に使うとこうなる、という仕組みですが効果のほどはどうでしょうか。どのような弾き方をしても鍵盤が下がっていればOK、という仕組みなので打鍵のためのフォーム作りには別のコーチが必要になるでしょう。そもそも音楽は、まったく同じように演奏する人は2人もいらない世界。もうひと味、違うアプローチが必要になりそうな気がします。

ソース:Real Rock Band: Play piano like a pro with light keys – tech – 02 October 2013 – New Scientist

関連記事

ゴミから作り出した楽器で子ども達に音楽教育を与える交響楽団のドキュメンタリー「Landfill Harmonic」 - DNA

ある意味筋肉と音楽の融合、マッチョな筋肉で「テリー・クルーズ」がドラムを演奏している動画 - DNA

鍵盤なのに無段階で音程を変化させられる音楽用キーボード「Seaboard」 - DNA

ピアノは弦楽器かそれとも打楽器か、5人で1台のピアノをよってたかって演奏する動画 - DNA

雲の動きを旋律に変える真の「クラウド」型ピアノ演奏デバイス「Cloud Piano」 - DNA

ラグタイムから現代までのジャズピアノの歴史を演奏例つきで詳しく解説する動画「History of Jazz Piano」(字幕あり) - DNA

ピアノも「鉄拳」も同時に楽しめる電子ピアノ型コントローラー「The TekkenPiano」の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧