アートとデザイン

空一面に無数の気球が舞う「アルバカーキ・インターナショナル・バルーン・フェスタ 2014」のタイムラプス動画


毎年10月にアメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキで開催されている「アルバカーキ・インターナショナル・バルーン・フェスタ」は世界最大級の熱気球フェス。750にも及ぶ巨大な気球が風船のように次々と浮かび上がっていく姿はまさに圧巻です。

1972年に始まった「アルバカーキ・インターナショナル・バルーン・フェスタ」は9日間に渡って行われてます。50年以上も継続してイベントが行われているのは大きな理由があります。アルバカーキの10月の朝の涼しい気温と「アルバカーキ・ボックス」と呼ばれる一定した風のパターン(低高度では北風、高高度では南風のためぐるっと一周できる)が気球に最適なため世界最大級のイベントに成長しています。

1. 朝日が登る前のまだ濃青の空に飛び立つ気球

2. まるで風船のよう

3.

4. 大自然の中を飛行中

5. サンディア山脈をバックに上下移動しながら波のように飛行しています

動画はこちらから。空を埋め尽くす壮大なイベント、一度は参加してみたい……
Albuquerque Balloon Fiesta 2014 – Timelapse Short Film on Vimeo

この映像はアメリカの写真家 Knate Myers 氏の作品です。

関連記事

血沸き肉踊る、一生に一度は絶対に生体験してみたい「世界の祭り」22選 - DNA

世界中の有名な遺跡や観光地のティルトシフト写真プロジェクト「Tilt Shift」 - DNA

世界のマッシヴな絶景を空からとらえた、今すぐ行きたくなる写真25選 - DNA

奇岩群「妖精の煙突」や古代地下都市など、トルコ・カッパドキアの魅力がギュッと詰まった映像「Lunar Landscapes, Turkey」 - DNA

1900年頃にドイツが想像した2000年の未来予測イラスト12枚 - DNA

408個の熱気球が空が埋め尽くし、同時に滞空するという世界記録動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧