世界のびっくりニュース

フランス・パリの地下深く600万人が眠る世界最大の地下墓地「カタコンブ・ド・パリ」


フランス・パリの地下には「カタコンブ・ド・パリ(Catacombes de Paris)」と呼ばれる世界最大のカタコンベ(地下墓地)が存在しています。パリの大都市の地下に形成された巨大な死者の帝国は、ヨーロッパに見られるカタコンベとは違い、初めから墓地として作られたわけではなく複数の歴史的経緯が重なり今日に至っています。

1. アンフェール門(地獄門)の近く、ダンフェール=ロシュロー駅のすぐそばにあるパリのカタコンベ「カタコンブ・ド・パリ」。入り口には「止まれ!ここは死の帝国である(Arrête! C’est ici l’empire de la Mort)」と刻まれています。

2. 200人の入場制限のため入り口には数百人の行列が作られることも。4時間待ちとなることもしばしばとのこと。

3. 130段の階段は約18mの地下につながっています

4. 狭く滑りやすいく石の通路には湿った空気が充満しています

5. 暗い地下トンネルには途方も無い数の人骨。約45分のツアーではカタコンベのほんの一部の1.9kmを歩くことが出来ます。

6. 元々この場所はパリの建築物に使用するために地下に掘られたローマ時代から続く採石場でした

7. パリの地下採石場は15世紀まで制限なく掘り続けられたため、いくつかのものは崩壊してしまっています。

8. 石の採掘が行われていた当時、土地トンネルの長さや何処へ続いているか誰も正確に知る者はいませんでした。そのためパリの地下迷宮の地図が作られ、崩壊を防ぐための補強が行われていますが、現在に至っても完全な地図は完成していないようです。また、パリの地下砕石場跡地は総延長が320kmはあると考えられています。

9. なぜ砕石場が巨大地下墓地となったのか?それは18世紀にパリ市内の墓地の土地問題が浮上したことに始まります。当時、大流行した疫病や伝染病の犠牲者を葬る墓地が不足してしまいました。

10. この墓地問題を解決する手段として、王室よりパリ市内の墓地を旧地下砕石場へ移動するよう命令が下り、地上の墓地から地下墓地へ人骨が移されて現在まで残る地下墓地が作られています。

11. 地下墓地が作られてすぐにいくつかのものは一般公開されています。人骨による装飾が施された地下墓地は、貴族階級の人々に人気の観光地となり、ナポレオンやビスマルク(ドイツ)などが訪問した記録が残されています。

12. 現在、「カタコンブ・ド・パリ」には600万〜700万人の人骨が葬られていると推測されています。

13. 「カタコンブ・ド・パリ」の地図に記されていない未知のエリアを探索する事に情熱を燃やす「Les Cataphiles」と呼ばれる人々も登場しています。

14. 「カタコンブ・ド・パリ」には複数の入り口が存在していますが、そのほとんどはレンガで塞がれています。見学者は公式の入り口からのみ中に入ることが出来ます。

15. 巨大なビル群により中心部はあまり広くはありません

16. ハート型に飾り付けられた頭蓋骨

17. 第二次世界大戦中は軍隊も利用していました。ドイツ兵は地下墓地内にバンカーを作っています。

18. 「カタコンブ・ド・パリ」を訪れた観光客の中には非常に不安な気持ちになってしまう人も。中には「頭蓋骨が私を見つめている」と感じる人も少ながらず存在しています。

19. 過去、「カタコンブ・ド・パリ」では多くの人が道に迷った末に亡くなっています。その中で最も有名なのは Philibert Aspairt と呼ばれる男性。1793年に地下墓地内で消息を立ち、11年後の1804年に発見されています。この写真は遺体が見つかった場所に建てられた Aspairt 氏のお墓。

20. 殆どの地下墓地はパリの地下鉄よりも深い地下30mの場所に存在しており、気温は一年間を通して変わること無く約12.7度で一定しています。

21. 2009年には「カタコンブ・ド・パリ」内での頭蓋骨の盗難や破壊行為が横行したことで、9月から12月の間閉鎖されていました。

22. ここ数年、警察のパトロールから逃れることが出来るため、地下墓地は違法な地下組織による秘密の集会所となることも……あるようです。

23. 「カタコンブ・ド・パリ」を歩いていると腕や足、頭蓋骨のみしか見かけないことに気づきます。その他の骨は崩れた壁などの修復に使用されてきたためとも言われています。

24. 誰だったのか。どんな人だったのか、死因は何だのか……。その情報が全くない人の骨が無数に並んでいます。

25. 「カタコンブ・ド・パリ」を巡った殆どの観光客は、死の世界から出て陽の光を浴びた時にとても幸せな気持ちになると言います。

イラクにあるイスラム教の聖地ナジャフには数百万人が眠ると言われる世界最大・最古のイスラム墓地「平和の谷(Wadi Al-Salam)」があります。こちらの墓地は地上にあるのためその規模はよくわかります。

ソース:25 Spooky Pictures Of The Parisian Catacombs, The World´s Largest Necropolis

関連記事

ロシアン・マフィアたちのすごいお墓の写真いろいろ - DNA

イラクの聖地ナジャフにある数百万人が眠る世界最大・最古のイスラム墓地「平和の谷(Wadi Al-Salam)」 - DNA

「俺が死んだら俺のハーレー・ダビッドソンと一緒に埋めてくれ……」と遺言した男のお葬式がすごい - DNA

宝石や金の装飾が全身に施されたヨーロッパの地下墓地の骸骨「カタコンベの聖人」 - DNA

奇岩群「妖精の煙突」や古代地下都市など、トルコ・カッパドキアの魅力がギュッと詰まった映像「Lunar Landscapes, Turkey」 - DNA

あなたは絶対入れない、世界の「一般人立入禁止区域」25選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧