世界のびっくりニュース

胸に大きく「CANADA」と書かれたTシャツは大きな誤解を生むことがある


日本ではちょっと少ないかもしれませんが、海外だと自国の国名や国旗をデカデカとTシャツに入れて着ている人はたくさんいます。カナダでももちろんたくさん見られるのですが、しかしある条件下では大きな誤解が生まれてしまうこともあるようです。それにしてもよく気が付いたものです。

「CANADA」のはずですが、どうみても「ANAL(肛門)」……ですよね……?

1.

カナダスペルは「CANADA」。最初の「C」と最後の「A」、さらに最後から2番めの「D」の一部が運悪く隠れてしまった時に悲劇が起こってしまいます。

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

見え方一つでちょっぴり残念なことになってしまうカナダTシャツ。気をつけなくてもかなり恥ずかしいことになっているアメリカのものすごい愛国者デザインのほうがすごいといえばすごいのですが……

ソース:This Is Why You Might Want To Reconsider Wearing That Canada Shirt In Public – Caveman Circus | Caveman Circus

関連記事

カナダのちょっと素敵な日常の写真いろいろ - DNA

カナダ・トロントの「ワンマン」市長、ハルク・ホーガンを腕相撲で倒し豪腕っぷりを見せ付ける - DNA

動きがやたらにシャープでダイナミックなカナダ軍特殊部隊の公式プロモーション動画が公開 - DNA

他人の家に30回以上SWATを送り込んでいたカナダのクソガキが逮捕 - DNA

カナダの大学、ホッチキス止めしたコンドームを誤って配布 - DNA

第二次世界大戦中、売春ツアーのメッカだったカナダ・モントリオールの娼婦たちのマグショット - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧