アートとデザイン

独特な伝統に生きる伝説の国エチオピアの食文化を撮影した映像「Ethiopia!」


アフリカ最古の独立国のエチオピアは、独特な伝統や文化が色濃く残るとても不思議な国。コーヒー発祥の地に息づくコーヒー文化、紀元前から食されている主食「インジェラ」などエチオピアの多様な食文化のありのままの姿が写し出されています。

二週間に渡ってエチオピアを周って撮影された映像です。
Ethiopia! on Vimeo

エチオピアの主食はイネ科の植物「テフ」を粉状にすり潰したものを水に漬けて数日発酵させた液体を鉄板で焼きあげた「インジェラ」。インジェラの上には「ワット」と呼ばれる肉・野菜・豆などを煮込んだ料理を乗せて食べられています。

1. インジェラの原料となるテフを発酵させた液体

2. 各家庭にある「インジェラ」専用の大きな丸い鉄板でインジェラを焼き上げます

完成したインジェラは「アイン」と呼ばれる無数の小さな穴のある巨大な灰色のクレーブ状になっており、味の方は発酵食品のため口に入れると独特の酸味が襲ってきます。紀元前から食されている伝統のあるエチオピア人のソウルフードなのですが、外国人にはとにかく苦手な人も多く非常に独特な風味のある料理です。慣れたら病み付きになると言われていますが……。

3. エチオピアのイチオシの料理「インジェラとワット」

エチオピアには、コーヒー発祥の地らしく日本の茶道にも似た独自の作法でコーヒーを振る舞う「コーヒーセレモニー」というものがあります。基本は女性が身に付ける作法とされており、儀式や来客の際には豆を煎るところから始めます。

4. 焙煎中のコーヒー豆

5. 焙煎された黒いコーヒー豆を粉状にしています

6. 完成したコーヒーがカップに注がれています

エチオピアの独特な伝統は食文化だけではなく多岐にわたっており、西暦から約7年遅れで1年が13ヶ月という混乱必至の「エチオピア歴」や標準時から6時間遅れた「エチオピア時間」、バスに乗れば麻薬成分が含まれる「チャット」と呼ばれる葉っぱを噛みながら運転するドライバーがいて、さらには友情の証として男性同士で手を繋いで歩く姿を良く見かけます。とにかく世界でも珍しいくらいのワンダーランド、それがエチオピアです。

この映像は「The Perennial Plate」によって制作されたものです。

またこちらは同じく「The Perennial Plate」の製作陣がインドを旅して食文化を撮影した映像です。伝統のインド料理もかなりお腹が減ってしまいます。

混沌としたインドの旅で食べたうまい物をギュッと1日にまとめたショートフィルム「A Day in India」

関連記事

エチオピア・オモバレーの古代部族の写真シリーズ「エチオピア ワン(ETHIOPIA ONE)」 - DNA

信号もないのにみんな事故を起こなさいエチオピア・アディスアベバの巨大交差点の不思議な動画 - DNA

可能な限り大きな荷物を頭の上に乗せた人々を撮影した写真集「How Much Can You Carry」 - DNA

すばらしく斬新な方法でヤギを運んでいるアフリカの青年の動画 - DNA

奇妙かつ哀しい理由で廃墟となってしまった世界のゴーストタウン24選 - DNA

行けるものなら行ってみたい、地球で最もエクストリームな場所25選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧