アートとデザイン

冷戦の終わりまで使われていた旧ソ連の廃墟化した核実験場の写真シリーズ「Dust」


核や宇宙開発の拠点としてその場所を秘密にされ、冷戦の終わりとともに廃墟となった街が旧ソ連にはたくさんあります。「Dust」はそのような「忘れられた都市」を集めた写真集です。

この写真シリーズ「Dust」は、イギリス・ロンドンの写真家であるNadav Kander氏が撮影されたもの。約3年の年月をかけ現在のロシアとカザフスタンの国境付近に存在していた2つの閉鎖都市(プリオゼルスク、クルチャトフ)を調査し破滅の美学に興味を引かれたことがキッカケとなっています。

プリオゼルスクは、長距離ミサイルの実験場として使用されており最も厳重に管理されていた都市の一つでした。クルチャトフは、「ミパラチンスク-16」とも呼ばれ、隣接した核実験場「セミパラチンスク核実験場」で、1989年までに述べ数百にも及ぶ核爆弾の実験が行われていた事が知られています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

ソース:Nadav Kander

Juxtapoz Magazine – The Soviet Union’s Abandoned Nuclear Test Cities

関連記事

あなたは絶対入れない、世界の「一般人立入禁止区域」25選 - DNA

恐怖心を煽られるヨーロッパ旧共産圏の廃墟と化したソ連感満点の建築物の写真集「Soviet Ghosts」 - DNA

一度見たら頭から離れない廃墟化した精神病院の写真シリーズ「American Asylums」 - DNA

世界中に残る放棄された軍事施設の廃墟いろいろ - DNA

「死の谷」にある廃墟の街を真夜中にタイムラプス撮影した4K映像「Ghosts of Death Valley」 - DNA

80年前に廃線となりそのまま放置されているパリ環状鉄道の廃墟写真シリーズ「By the silent line」 - DNA

奇妙かつ哀しい理由で廃墟となってしまった世界のゴーストタウン24選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧