アートとデザイン

もしマリオに人質交渉人がついていたらこうなる……という動画


人質をとって立てこもった犯人と警察官の間に入り、事態がエスカレートするのを防ぐ人質交渉人(ネゴシエーター達)。犯人と信頼関係を築くため、時に味方からも敵意をもたれる彼らが、もしマリオjについていたら……という動画です。

「キノコ王国を支配する」というなんとも曖昧な要求をなんとかすべく奮闘するネゴシエーターですが……動画はこちらから。
If Super Mario Bros Had a Hostage Negotiator – YouTube

だいたいキノコ王国は武装犯をなんとかするよりも、あのよくさらわれる女王の対策をちゃんとやるべきではないでしょうか。

関連記事

SWAT部隊の強行突入を計画・指揮するシミュレーター「Door Kickers」 - DNA

ゲーム相手のイタズラによって完全武装のSWATを送り込まれる瞬間が実況される - DNA

日本のファンムービーの新境地、特殊部隊が人質を奪還する動画「RELOAD 強襲奪還作戦」 - DNA

[字幕動画]80年代に撮影されたFBIのHRT(人質救出チーム)を30分間みっちり紹介する内部向け動画 - DNA

「店に来ないとこのジジイを殺す」サンタを人質にとったカフェのオーナーに非難の声 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧