世界のびっくりニュース

スコットランド分離独立賛成派によるプロモーション動画に隠された「ある工夫」がすごい


イギリスは実はイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの国から成っており、外から見れば一つの国でも、内部ではかなり独立した構造になっています。その内のひとつ、スコットランドではイギリスからの独立の機運が高まっており、2014年9月18日の住民投票でも、ひょっとしたら独立賛成派が勝つのでは……というところまで勢力を伸ばしているようです。これは、そんなスコットランド独立の賛成派が公開しているプロモーション動画です。


前後2部の構成になっており、メッセージが表示されるシンプルなものです。
My Generation – YouTube

まず前半の翻訳はこちらから。

My Generation
我が世代

I’m part of a fearful Generation
私は恐れる世代の人間です

and I refuse to believe that
そして私は信じません

I can change the world
私が世界を変えられるなんてことを

I realise this may be a shock but
ショックなことかもしれませんが

An independent Scotland will thrive
独立スコットランドが繁栄するというのは

is a lie
嘘なのです

The UK is Better Together
イギリスは共にあるべきです

So in thirty years I’ll tell my children
30年後、私は子どもたちに言うでしょう

I vote with my head
私はよく考えて投票したと

I have my priorities straight
私の優先順位では

The Union
連合王国が

Is more important to me than
より重要です

Scotland
スコットランドよりも

As the experts tell me
専門家は言います

Thirty years from now I would regret voting “Yes”
30年後にきっと後悔すると

I do not believe that
私はそう思いません

I need to live in a country of my own making
私は自ら作ったこの国に住むべきです

In the future
近い将来

The Union will prioritise Scotland’s needs
連合王国はスコットランドの要求を優先するようになるでしょう

And I completely reject any suggestion that
そして私はある考えを拒否します

Westminster only want us for our resources
イギリス国会は私達の資源だけが欲しいという考えです

The fact is
実際のところ

My generation is fearful and unambitious
私の世代は恐れ、志を失っています

It is foolish to presume that
すなわち馬鹿げているのです

We need change
変化が必要だなんて……

スコットランド独立派の意見に対して「それはいかがなものか」と疑問を呈するメッセージ動画に見えるのですが……ここからがすごかった。

実はこの動画の真意は後半の部分にあるのです。後半ではこのメッセージがそのまま逆に再生され、まったく違う内容が浮かび上がります。

We need change
私達は変わらなければいけません

It is foolish to presume that
全くもって馬鹿げています

My generation is fearful and unambitious
私達が恐れ、志を失っているなんて

The fact is
真実は

Westminster only want us for our resources
イギリス国会は私達の資源が欲しいだけなのです

And I completely reject any suggestion that
そして私は反論します

The Union will prioritise Scotland’s needs
イギリスがスコットランドの要望を優先するなんてありえません

In the future
将来においてもです

I need to live in a country of my own making
私は自ら作ったこの国に住むべきです

I do not believe that
そして私は信じません

Thirty years from now I would regret voting “Yes”
30年後にきっと後悔すると

As the experts tell me
専門家が言うように

Scotland
スコットランドは

Is more important to me than
私にとってずっと重要なのです

The Union
イギリスよりも

I have my priorities straight
私の優先順位ははっきりしています

I vote with my head
私は自分で考えて投票します

So in thirty years I’ll tell my children
30年後に私は子どもたちにこう言うでしょう

The UK is Better Together
連合王国はひとつであったほうがよいなんて

is a lie
うそっぱちだと

An independent Scotland will thrive
独立スコットランドは繁栄するでしょう

I realise this may be a shock but
みなさんにとってショックなことかもしれませんが

I can change the world
私は世界を変えられます

and I refuse to believe that
そして私は信じません

I’m part of a fearful Generation
私達が「恐れる世代」だなんてことを

BGMも伝統的なイギリスの金管バンドから、現代風にアレンジされたスコットランドの民族音楽に変化するなど、実に作りこまれたメッセージ動画となっています。

スコットランドの独立は民族運動というよりも、中央政府が地方自治や経済を軽視していることから賛成派が力を強めているようです。問題自体は日本でも決して他人ごとというわけではありません。選挙の行方はすこし注意して見守るべきではないでしょうか。

関連記事

世界一危険な滑走路を持つスコットランドの空港「バラ空港」 - DNA

超美麗な大自然が浮き彫り、イギリスの風景写真コンテスト「Landscape Photographer of the Year 2013」 - DNA

プロの技、68種類の英語のアクセントを使い分けて朗読している動画 - DNA

ファン待望「5.11 タクティカル・デューティー・キルト」が2014年4月15日から再び数量限定発売 - DNA

「殺し屋の本能を失った」イギリス首相官邸ネズミ捕獲長のラリー氏に批判の声 - DNA

イギリス紳士のユーモアと反骨精神にあふれた「ゴルフのプレー中に爆撃が始まった際の暫定ルール」 - DNA

イギリス軍の狙撃手 1発の銃弾で6人を殺害 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧