世界のびっくりニュース

約100年前のストックホルムには5000本もの電話線が繋がれた巨大な塔があった


スウェーデンの首都ストックホルムで1887年〜1913年の間実際に使用されていた電話線の中継塔の写真です。一つの塔に約5000本電話線が接続されているその姿は非常にカオスそのもの。しかし不思議と100年前のストックホルムの街に溶け込んでいます。

1. お城の様な雰囲気もある塔ですが、電話線が繋がれていた電柱の巨大版です。

2. どうやって維持していたのか不思議に思えます

3. 塔の内部はこんな感じになっていました

4. クラッシクな車が並ぶ大通りから撮影した塔

5. 記念撮影!

6. ちょっと強面の守衛さんがこっちを見ていますよ

7. 近所で火事が発生

8. 上空から撮影された写真

9. 景色に馴染む電話線の塔

10. 塔の最上の旗

11. やっぱりヨーロッパのお城っぽい雰囲気がありますね

電話線の塔としての役割が終わった後もストックホルムのランドマークとして保存されていましたが、1953年の火事によって消失したため残念ながら現在は存在していません。

これらの写真は、スウェーデン・ストックホルムにある科学技術博物館「Tekniska museet」が公式Flickerで公開されています。

ソース:Telefontornet – an album on Flickr

関連記事

中国でDIYされた「電柱運搬システム」がすごい - DNA

風景に溶け込みすぎている携帯電話の中継局のアンテナの画像いろいろ - DNA

11万ボルトの高圧電線をうっかりショートさせるとこんな感じになる - DNA

脳を解放するため近所の電線を勝手に切断してまわった男が逮捕 - DNA

広大かつ複雑なグローバル経済のさまざまな側面を説明してくれる38枚の地図 - DNA

スウェーデン・ストックホルムの非常にアーティスティックな地下鉄駅の写真いろいろ - DNA

岩盤を掘りぬいた核シェルターを再利用したスウェーデンのデータセンタの内部写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧