アートとデザイン

「死の谷」にある廃墟の街を真夜中にタイムラプス撮影した4K映像「Ghosts of Death Valley」


アメリカ・ネバダ州の砂漠の中、「死の谷」を意味するデスヴァレーにかつて存在し現在は廃墟となっている街・ライオライト(Rhyolite)で7日間を費やして真夜中に撮影されたタイムラプス映像「Ghosts of Death Valley」です。砂漠の中のポツンと存在するゴーストタウンの夜の姿はこんな感じになっています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

動画はこちらから。全画面にして4K画質(2160p)で鑑賞をおすすめします。
Ghosts of Death Valley (4K) – YouTube

ゴーストタウンのライオライト(Rhyolite)についてはこちらの記事に詳しいです。
参照:住民に放棄され街ごと廃墟と化した世界のゴーストタウン13選

関連記事

奇妙かつ哀しい理由で廃墟となってしまった世界のゴーストタウン24選 - DNA

住民に放棄され街ごと廃墟と化した世界のゴーストタウン13選 - DNA

恐怖心を煽られるヨーロッパ旧共産圏の廃墟と化したソ連感満点の建築物の写真集「Soviet Ghosts」 - DNA

時が止まり独特の美を放っている廃墟の写真いろいろ - DNA

なるほど、と納得のタイムラプス動画のメイキングを捉えたタイムラプス動画「Behind The Lapse」 - DNA

天の川、オーロラ、流れ星がクリアに撮影された夜空のタイムラプス動画「Temporal Distortion」 - DNA

天の川にレーザービームが舞うハワイ・マウナケア天文台群のタイムラプス映像とスチル写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧