世界のびっくりニュース

「小さいから無罪のはず」露出容疑の男の男性自身のサイズが裁判の証拠として計測される


ドイツ北東部、レーアの街で露出行為を行ったとして罰金刑となった男性が「自分のサイズは小さいからそういう事件は起こりえない」と無罪を主張するという事件が発生しました。

54歳の配達業、ハーバート氏は配達先の家の10代の少女に荷物を渡す際、ズボンのジッパーを下げ「露出」させていた容疑で2013年に罰金を課されました。

しかしハーバート氏はこれに抵抗。「自分の性器は小さすぎるからジッパーからはみ出るわけがない」と主張し、夫人も同じく証言したことから弁護士のウィンクラー氏は女性裁判官に「信ぴょう性があるかどうか裁判官自身が計測してみてはどうか」と提案しました。

結局裁判官は、検死事務所に計測を以来、その結果をもって判決を下すことになったとのこと。裁判官は「夫人があそこまでいうのだから調べないわけにはいかない」とコメントしているということです。「物理的にムリ」であれば当然そういう露出行為もやっているわけはないのですから、こうした計測はとても重要ですね。

ソース:Size does matter in this case, rules judge – The Local

関連記事

女性のカップ数や男性自身のサイズで世界地図を塗り分けるとこうなる - DNA

時代は小型化、ニューヨークのバーで「最小ペニスコンテスト」開催 - DNA

アフリカで「ペニス狩り」の被害が激増中 - DNA

秘儀「ムボボボ」で女性に強姦されたような気分を与えて失神させたアフリカの男性が指名手配 - DNA

[閲覧注意]ケニアの不倫男、妖術師の呪いによって女性からアレが抜けなくなる - DNA

バストのサイズを決定する遺伝子が発見される - DNA

想像を超えたモノを見てしまった時の驚異的に驚いているリアクション - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧