アートとデザイン

3Dプリントされた透明な高層ビル型の貝殻を背負うヤドカリ


世界中のいろいろな街をモチーフに3Dプリント出力された透明の貝殻を背負った中身まで丸見えのヤドカリ。摩天楼に住むモダンな生き物となりました。

この透明貝殻を制作した AKI INOMATA 氏がこの作品を制作したのは、2009年に解体された旧在日フランス大使館の土地が2009年まではフランス領、以後50年間は日本領、その後に再度フランス領に変わると知ったのがきっかけ。ある日突然に土地を所有する国が変わることに衝撃を受けたそうです。

1. ニューヨーク

2. 東京

3. ギリシャ・サントリーニ島

4. タイ

5. 風車

6. ギリシャ

こちらは製作行程がよく分かる映像です。
Process of “Why Hand Over a ‘Shelter’ to Hermit Crabs? ” AKI INOMATA on Vimeo

ちなみにヤドカリ愛好家のために作られた美しい「ガラスの貝殻」も、とても素敵なヤドカリが登場しています。

ソース:AKI INOMATA Official Site

関連記事

ヤドカリ愛好家のために作られた美しい「ガラスの貝殻」 - DNA

ウナギに成長するとは到底信じられない、平たく細長く透明なウナギの幼生「レプトケファルス」の貴重映像 - DNA

CGじゃない!全身が透明な「宝石イモムシ」の画像 - DNA

カラフルな蜜をたっぷり吸って宝石の様に7色に輝く半透明の蟻の写真 - DNA

まるでX線撮影されたかのように美しい魚の透明な骨格標本の写真シリーズ「CLEARED」 - DNA

半透明のクラゲが無数に浮かぶ中を安全に泳ぎ回れるパラオの「ジェリーフィッシュレイク」の動画 - DNA

ほぼガラス片にしか見えない「透明ポテトチップス」の作り方 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧