科学と技術

歩行の動きだけで男女差や体重差、心理状態を推測できる「動き認識」のデモ「BMLwalker」


駅や空港で最近導入されつつある「顔認識」式の監視システムは、特殊なメーキャップで回避できることが知られていますが、現在研究されている「動き認識」では、歩き方でその人についての情報を取得することができるようです。


アクセスはこちらから。左側のスライダーでいろいろパラメーターを変えて遊んでみましょう。
BioMotionLab

このスクリプトは男女それぞれ40人ずつを、トレッドミル上で歩行させた際のデータを集計し、平均的な動きを算出したもの。心理状態による歩行の変化はまた別の心理実験の結果を反映させています。

下方の「LINE」で線の表示の有無を選択。

すごく極端にパラメーターを振ってもそれらしい動きを見せてくれます。

このデモを制作したのはカナダ・オンタリオ州のクイーンズ大学。最近のカメラは「顔認識」が出来ますが、あれと同じように動きから性別や体重を認識するシステムを完成させるのが目的のようです。顔を隠していても誰だか分かってしまう時代が来るわけですね。

関連記事

建物で発生する「人の渋滞」を解析して設計に役立てる群衆シミュレータ「MassMotion」 - DNA

全米でどの空港が危険な病気の感染源になるかを算出する「パンデミック・シミュレーション」 - DNA

物理エンジンが効いたトップビューのカーレースゲーム「Absolute Drift」 - DNA

誰もいない教室でイスや机が物理演算によって暴れまくる面白動画「Crazy Furniture」 - DNA

これは大人版キッザニア、「ビンラディン殺害作戦」を体験できるアトラクションが登場 - DNA

容量なんと1メガバイト以下でほぼ完全に物理演算ベースのFPSゲーム「A New Zero」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧