アートとデザイン

もしも映画「オズの魔法使い」の名曲「虹の彼方に(Over the Rainbow)」がデスメタルだったら……


1939年に公開された不朽のミュージカル映画「オズの魔法使い」で、主人公ドロシーが歌い上げる名曲「虹の彼方に(Over the Rainbow)」がデスメタルだったら……という実験動画がこちら。あの美しいメロディーが大変なことになっています。

オズの魔法使のファンや小さな子どもは見ないほうが無難かも。動画はこちらから。
Judy Garland Sings Death Metal – YouTube

こちらはオリジナルの映像です。デスメタル・バージョンの後に見る一段と心を癒してくれます。
Somewhere Over the Rainbow – The Wizard of Oz (1/8) Movie CLIP (1939) HD – YouTube

しかし、この美声の持ち主のガーランドは当時14歳と非常に幼かったにもかかわらずダイエットや多忙のために、当時のハリウッドでは当たり前の様に使用されていた覚せい剤(アンフェタミン)や睡眠薬を常用していたとされており、このオズの魔法使の撮影中も例外では無かったと言われています。案外デスメタルバージョンで正解だったのかもしれません。

関連記事

恐怖と戦いながら歌うエクストリーム・カラオケ番組「Killer Karaoke」 - DNA

アフリカ・ボツワナのヘヴィメタル・ファッションに身を包む若者たちの写真集「Renegades」 - DNA

有名映画の撮影の合間にこっそりと撮影されていた舞台裏の写真いろいろ - DNA

童話やおとぎ話の内容を可能な限り単純化したポスター15枚 - DNA

デスメタルを聞かせると地獄の番犬になってしまうかわいい犬の動画 - DNA

アニメ「シンプソンズ」でJudas Priestを「デスメタル」と呼んでしまい炎上 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧