ネット・PC

気に入ったWebページを新聞風に印刷して届けてくれる新感覚の「あとで読む」サービス「PaperLater」


「かさばらないし在庫が切れない」「流通経費が低いから安いのに儲かる」「古いコンテンツも簡単に手に入る」と盛んに喧伝されてきた電子書籍が「どうやらそこまでいいものでもないらしい」という雰囲気が漂ってきた昨今、慣れ親しんだ「新聞」のフォーマットで「あとで読む」ができるサービス「PaperLater」がイギリスで誕生しました。

興味はあるけど今は読む時間がないから後でまとめてじっくり読みたい……という「あとで読む(Read it Later)」系のサービスが本当にたくさん出てくるようになりましたが「PaperLater」も原理は同じ。まずスマホやPC上で気になるページをクリップ。

そうすると印刷されて、このように配達されます。

中身はこんな感じ。写真も撮ってきてくれるようです。自動で文字を流し込んだだけに見える段組(文字のレイアウト)のダサさが、人間が紙面を作る普通の新聞のクォリティの高さを再認識させてくれます。

中身はこんな感じ
PaperLater – YouTube

長い間慣れ親しんだこの姿勢・この感触で読むWebニュースはまた違った印象を与えてくれるのではないでしょうか。

写真や絵画など主にアートの方面では、デジタル表現ではなく紙や銀塩フィルムといったアナログの表現が、常に「選択肢」として存在しています。同じようにコンテンツを載せる媒体としての「紙」も、これから再び注目されていくのではないでしょうか。

「PaperLater」は現在はイギリスの一部地域でのみ展開中のサービス。各国でベータ展開をしたいようなので、気になる人はメールアドレスを登録しておくといいかもしれません。

ソース:PaperLater

関連記事

色々な情報をWebから取得、まとめて印刷してくれるかわいいプリンタ「Little Printer」 - DNA

プリンタで印刷した紙がなぜか消えてしまう謎の現象を解明した動画 - DNA

自分の本にISBNをつけてAmazonで印刷・販売できるWebサービス「MyISBN」ベータ版開始 - DNA

アナログ全盛期、70年代はいったいどのようにして新聞を作っていたのか? - DNA

「ディスプレイ」と「紙」……写真の最終出力先を考える - DNA

元祖TRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」関連の出版物が電子書籍となって復刻 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧