アートとデザイン

80年代のApple社が未来を見据えてデザインしていた製品のプロトタイプいろいろ


今からおよそ30年以上も昔、1980年代にApple社が将来を見据えて考案していた製品のプロトタイプの写真です。日本初のポータブル電話機である肩にかけて持ち運ぶ「ショルダーフォン」がNTTから発売されたのが1985年。そんな時代に腕時計型の携帯電話やタッチスクリーンのタブレット型PCなどの製品のデザインが考案されていました。

80年代のプロトタイプ・デザインは、フロッグ・デザイン社創立者であり工業デザイナーの ハルトムット・エスリンガー 氏と アップル社の創業者 スティーブ・ジョブズ 氏とのコラボレーションが始まった1982年に始まります。

この事業家である ジョブズ 氏と社外デザイナーの エスリンガー 氏との協力が、ブロダクト・デザインがアップル社のビジネス戦略の中核の一つとなる契機であり、現在のApple社の成功や世界的なブランド力の原点の一つになっています。

参照:神秘の調和、アップル社のプロダクトデザインに隠された『黄金比』

スティーブ・ジョブズ氏との会議にて作られた ハルトムット・エスリンガー 氏によるオリジナル・スケッチ3枚

1.

2.

3.

1984年〜1990年までエスリンガー氏が考案した「スノー・ホワイト(Snow White)」と呼ばれるデザイン言語を元に、ボディーカラーは白を基調とし、ストライプ状の換気口、角を丸くするなどの筐体を小さく見せるための工夫などがデザインに取り入れられており、このコンセプトの元で開発された初めての製品は1984年に発売の「Apple IIc」です。

参照:「Apple I」から「iPhone 4」までApple製品の進化の歴史をまとめた画像45枚

これら ハルトムット・エスリンガー 氏によるApple社製品のプロトタイプデザインはエスリンガー氏による著書「Keep It Simple: The Early Design Years of Apple」に詳しく解説されています。

4.

5.

6.

7.

8.

9. Apple Minimal Phone (1984年)

10. Apple FlipPhone (1984年)

11.

12. Apple Wrist & Ear Phone (1985年)

13.

14. Apple //c Studies (1983年〜1984年)

15.

16.

17. MacSlate タッチスクリーン (1984年〜1985年)

18.

19.

20.

21.

22.

23.

こちらの動画は、ハルトムット・エスリンガー 氏から未来のデザイナーへのアドバイスです。
Hartmut Esslinger – Advice For Designers on Vimeo

ちなみに同じ1980年代にApple社が展開していた「アパレルラインのカタログ画像」もかなりの衝撃的なことになっています。

ソース: Snow White, Steve Jobs and Apple’s Awakening as a Global Design Leader | Blog | design mind

Apple’s lost future: phone, tablet, and laptop prototypes of the ’80s | The Verge

関連記事

神秘の調和、アップル社のプロダクトデザインに隠された「黄金比」 - DNA

アップル製品と約50年前のブラウン社の家電製品がどれくらい似ているか比べてみた - DNA

「Apple I」から「iPhone 4」までApple製品の進化の歴史をまとめた画像45枚 - DNA

サムスンがどれくらいアップルからパクっているのかがよく分かる画像いろいろ - DNA

かつてApple社が製作していた超レアなノベルティグッズ43点 - DNA

Apple製品は本当に「憧れ」なのか、徹底的にApple製品を粉砕したアート写真11枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧